ディエゴ・シメオネ

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はシメオネ第二姓(母方の)はゴンサレスです。
ディエゴ・シメオネFootball pictogram.svg
Diego Pablo Simeone en la presentación de la promoción de la estación Estadio Metropolitano.jpg
名前
本名ディエゴ・パブロ・シメオネ・ゴンサレス
Diego Pablo Simeone González
愛称Cholo (チョロ)
ラテン文字Diego SIMEONE
基本情報
国籍アルゼンチンの旗 アルゼンチン
スペインの旗 スペイン
生年月日(1970-04-28) 1970年4月28日(48歳)
出身地ブエノスアイレス
身長177cm
体重70kg
選手情報
ポジションMF
利き足右足
クラブ1
クラブ出場(得点)
1987-1990アルゼンチンの旗 V・サルスフィエルド76(14)
1990-1992イタリアの旗 ピサ55(6)
1992-1994スペインの旗 セビージャ64(12)
1994-1997スペインの旗 A・マドリード98(21)
1997-1999イタリアの旗 インテル57(11)
1999-2003イタリアの旗 ラツィオ90(15)
2003-2005スペインの旗 A・マドリード36(2)
2005-2006アルゼンチンの旗 ラシン・クラブ37(3)
通算513(84)
代表歴
1989アルゼンチンの旗 アルゼンチン U-204(1)
1988-2002アルゼンチンの旗 アルゼンチン106(11)
1996アルゼンチンの旗 アルゼンチン 五輪6(1)
監督歴
2006アルゼンチンの旗 ラシン・クラブ
2006-2007アルゼンチンの旗 エストゥディアンテス
2007-2008アルゼンチンの旗 リーベル・プレート
2009-2010アルゼンチンの旗 サン・ロレンソ
2011イタリアの旗 カターニア
2011アルゼンチンの旗 ラシン・クラブ
2011-スペインの旗 A・マドリード
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ディエゴ・パブロ・シメオネ・ゴンサレスDiego Pablo Simeone González1970年4月28日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス出身の元サッカー選手、現在はサッカー指導者。アルゼンチン代表として史上初めて出場100試合を達成し、現在も歴代4位の出場試合数を誇る。現役時代のポジションは守備的ミッドフィールダー

そのエネルギッシュなプレースタイルから、14歳の時に監督からチョロCholo、インディオの意)というあだ名を付けられた。このあだ名は、かつてボカ・ジュニアーズでプレーしたカルメロ・シメオネ英語版(血縁関係はない)のあだ名であった[1]

選手経歴

クラブ

1987年にCAベレス・サルスフィエルドからデビューし、その後はイタリアとスペインで長くプレーした。1990年に初めてヨーロッパに渡り、ミルチェア・ルチェスクが監督を務めるイタリアのピサ・カルチョに移籍。スペイン・リーガ・エスパニョーラセビージャFCを経て、1994年にアトレティコ・マドリードに移籍すると、1995-96シーズンにはリーグ戦とコパ・デル・レイの2冠を達成した。1997年に再びセリエAに戻り、インテルではロナウドらとともにプレーした。1998年のUEFAカップでは、決勝でSSラツィオを3-0で破って優勝した。

1999年、スヴェン・ゴラン・エリクソン監督が率いるSSラツィオに移籍し、ベテランのネストル・センシーニマティアス・アルメイダエルナン・クレスポ、優れたパス技術を持つフアン・セバスティアン・ベロンなど多くのアルゼンチン人選手たちとともにプレーした。彼らのチームはシメオネの加入とともにスクデット争いに加わり、シメオネはユヴェントスFCとの白熱した首位争い参加に貢献した。最終節を前にして勝ち点2差を付けられていたが、ユヴェントスFCは雨中のペルージャ・カルチョ戦に敗れ、SSラツィオはホームのスタディオ・オリンピコレッジーナ・カルチョ相手に会心の勝利を挙げたため、自身初となるセリエAのタイトルを手に入れた。1999-2000シーズンはコッパ・イタリアでも決勝でインテルを破って優勝し、スペイン時代に続く2冠を達成した。その後、2002-03シーズンまでSSラツィオでプレーした。2001-02シーズン最終節のインテル戦では古巣相手にゴールを決め、インテルのリーグ制覇の夢を打ち砕いた。

2003年にアトレティコ・マドリードに復帰し、2シーズンプレーした後に母国のラシン・クラブに移籍した。ファンであるラシン・クラブで引退するという願いが叶い、長い選手生活を終え、2006年に引退した。

代表

1996年にはアトランタオリンピックに出場して銀メダルを獲得した。

1988年にアルゼンチン代表デビューしてから2002年までに106試合に出場し、アルゼンチン代表の当時の最多出場記録を更新した。 [2]。1991年と1993年にはコパ・アメリカで優勝し、1994 FIFAワールドカップ1998 FIFAワールドカップ2002 FIFAワールドカップと3度のFIFAワールドカップ出場を果たしている。ミッドフィールダーながら11得点を挙げており、1992年のキング・ファハド・カップでは決勝で得点している。 1998 FIFAワールドカップ決勝トーナメント1回戦のイングランド戦では、シメオネを蹴ったデヴィッド・ベッカムが報復行為とみなされて退場処分を受けた。シメオネは後に、ベッカムを退場に追い込むために痛がる振りをしたことを認めている[3]。このワンプレーによりアルゼンチンはイングランドに辛勝し、ベスト8に進出した。準々決勝のオランダ戦ではタックルを受けて実際に負傷した。最後の国際大会となった2002 FIFAワールドカップはグループリーグ敗退に終わった。この大会でベッカムと和解しており、ベッカムがPKを決めてイングランドがアルゼンチンにリベンジを果たしている。

他の言語で
azərbaycanca: Dieqo Simeone
български: Диего Симеоне
bosanski: Diego Simeone
čeština: Diego Simeone
Deutsch: Diego Simeone
English: Diego Simeone
español: Diego Simeone
euskara: Diego Simeone
français: Diego Simeone
hrvatski: Diego Simeone
Bahasa Indonesia: Diego Simeone
italiano: Diego Simeone
lietuvių: Diego Simeone
latviešu: Djego Simeone
Malagasy: Diego Simeone
македонски: Диего Симеоне
مازِرونی: دیگو سیمئونه
Nederlands: Diego Simeone
português: Diego Simeone
Runa Simi: Diego Simeone
română: Diego Simeone
Simple English: Diego Simeone
slovenščina: Diego Simeone
српски / srpski: Дијего Симеоне
svenska: Diego Simeone
Türkçe: Diego Simeone
українська: Дієго Сімеоне
Tiếng Việt: Diego Simeone