テルブタリン

テルブタリン
(RS)-Terbutalin Structural Formula V1.svg
Terbutaline ball-and-stick.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
Drugs.commonograph
MedlinePlusa682144
胎児危険度分類
  • C
法的規制
投与方法SQ, Oral, Inhaled
薬物動態データ
血漿タンパク結合25%
代謝GI tract (oral), liver; CYP450: unknown
半減期11-16 hours
排泄urine 90% (60% unchanged), bile/faeces
識別
CAS番号
23031-25-6 チェック
ATCコードR03AC03 (WHO) R03CC03 (WHO)
PubChemCID: 5403
IUPHAR/BPS560
DrugBankDB00871
ChemSpider5210 チェック
UNIIN8ONU3L3PG チェック
KEGGD08570
ChEBICHEBI:9449
ChEMBLCHEMBL1760
化学的データ
化学式C12H19NO3
分子量225.284 g/mol

テルブタリン(Terbutaline)は速効性の交感神経β2受容体作動薬の一つである。商品名ブリカニール。日本では経口剤および皮下注射剤が販売されているが、海外では喘息の「リリーバー」として吸入剤も用いられている。

また、適応外使用として切迫早産の抑止(子宮弛緩作用)にも使用される。アメリカ産科婦人科学会英語版はそのような使用を推奨していない。

テルブタリンは世界アンチ・ドーピング機関の薬物リストに収載されており、オリンピック選手の場合は、事前に治療的吸入使用の許可を得ない限り使用禁止とされている。

効能・効果

日本で承認されている効能・効果は、気管支喘息、慢性気管支炎、喘息性(喘息様)気管支炎、気管支拡張症肺気腫である[1]。錠剤のほか、後発品に細粒剤がある。気管支拡張症および肺気腫にはシロップ剤は使用できない[2]。皮下注射剤は気管支喘息にのみ使用できる[3]

有効性

喘息発作時のリリーバーとしてはテルブタリンの頓用使用に比較して、維持療法に使用するブデソニド/ホルモテロール配合剤を追加吸入する方が最初の重度増悪までの期間や重度増悪・軽度増悪した患者の割合について優れていた[4]

子宮収縮抑制剤英語版として早産の抑制に使われることがあるが[5]、胎児の心筋壊死が発生することがあり、2011年には米国で72時間を超える投与が禁止された[6]。そもそもテルブタリンは子宮弛緩剤としては承認されていない。FDAの胎児危険度分類はCであり、妊婦に対して日常診療に用いる薬ではない。 米国産科婦人科学会英語版もまた早産予防にテルブタリンを48時間以上用いないよう呼びかけている[7]

他の言語で
العربية: تيربوتالين
تۆرکجه: تربوتالین
Cymraeg: Terbwtalin
dansk: Terbutalin
Deutsch: Terbutalin
English: Terbutaline
español: Terbutalina
euskara: Terbutalina
فارسی: تربوتالین
français: Terbutaline
magyar: Terbutalin
italiano: Terbutalina
polski: Terbutalina
português: Terbutalina
русский: Тербуталин
srpskohrvatski / српскохрватски: Terbutalin
српски / srpski: Terbutalin
українська: Тербуталін