テニス

 テニス
US Open 2007, Maria Sharapova serving.jpg
グランドスラムトーナメントの一つ全米オープン
統括団体国際テニス連盟
通称庭球
起源19世紀
特徴
身体接触
選手数1人もしくは2人
男女混合
カテゴリ屋外競技
オリンピック1896年-1924年1988年-
テンプレートを表示

テニス: tennis)は二人または二組のプレイヤーがネット越しにラケットボールを打ち合う球技である。オリンピックパラリンピックで採用されている競技であり、年齢性別、身体的個性を問わず広く親しまれている。漢字名の庭球(ていきゅう)とも呼ばれることがある。

歴史

後のテニスになる「jeu de paume」

複数の人間が1つのを互いに打ち合うという形態の球技の起源は、紀元前にまで遡ることが出来る。エジプトでは宗教的な行為のひとつとしてこのような球技が行われていた。紀元前15世紀の壁画で球を打ち合う球技を行う人々の姿が描かれたものが発見されている。

フランス貴族の遊戯として定着をはじめた16世紀以降には「jeu de paume」(ジュ・ド・ポーム、「掌の遊戯」の意)と呼ばれた。

フランスでこの球技が盛んになった理由としては、ローマ時代の直接の影響よりも、8世紀から11世紀まで、イベリア半島から南フランスまで進出していたイスラム教徒(ウマイヤ朝)が、エジプト時代と同様に、宗教的行為として行っていたものに、キリスト教の僧侶が興味を持ち模倣したことから始まったと言われている(「ラケット」の語源がアラビア語であることに注意されたい。フランスの僧院で特に盛んに行われるようになったのは、イスラム勢力がヨーロッパから駆逐された12世紀ごろ以降からとされる)。

「テニス」の名称はフランス宮廷で行われたテニスの原型であるジュ・ド・ポム (Jeu de Paumme) において、攻守交代の際にサーバーが「トゥネス!」(: Tenez!、動詞 tenir の命令形で「(球を落とさないように)取ってみろ」の意、現代フランス語では「トゥネ」と発音する)と掛け声をしていたことにちなむと一般的に言われる。アラビア史研究の権威フィリップ・K・ヒッティ(Philip Khuri Hitti)は、中世にリンネル織物で有名だったエジプトのデルタ地方の都市で、リンネルで球を作ったと思われる「ティンニース」からきているのだろうと述べている[1]。基本的なルールやスコアリング方式はローンテニスと似ている部分もあり、ファイブズ (fives)、ペロタ (Pelota) などのハンドボールから発達した。

18世紀から19世紀にかけてヨーロッパの貴族の間で大流行し、多くのコートが建造されたが、現存するものは少ない。イギリスでは復元されたコートがクリフトン大学にある。近代における貴族階級の遊戯としてのテニスは、イギリスではロイヤル・テニス(Royal Tennis、「王家のテニス」の意)、アメリカではコート・テニス(Court Tennis、「宮廷のテニス」の意)とも呼ばれている。

手袋を使うこともある。Jeu de paumeの「paume」とは掌を意味する。ボールは固形物(石等)を芯に糸を巻き、皮で被ったもので現代のものよりはるかに重く、弾力性は少ない。サーブは一方の側からのみ行われ、傾斜した屋根を転がるように打ち上げる。レシーブ側のプレイヤーは、落ちてきたボールが二度バウンドする前に打ち返す。失敗したプレイヤーはポイントを失う。ゲームの最初の第一球の打ち込みが「サーブ」と呼ばれるのは、中世においては、レシーバーにあたる人間の従者が第一球を屋根に打ち上げる役目を行っていたことに起源がある(従者「サーバント」が主人に対して行う行為は「サービス」)。14世紀には現在のラケットの原型が登場した。これはまだガットは張られておらず、ガットが張られるようになったのは16世紀になってからである。

現代の多くのスポーツとは異なり、ローンテニスの歴史はごく浅い。1873年12月ウォルター・クロプトン・ウィングフィールド少佐が考案した「スフェリスティキ(sphairistike、ギリシア語: σφαιριστική、「球戯術」の意。略してスティッキ[sticky])」がその原型。現在の社会体育、生涯スポーツの概念の先駆けとなる発想で、ラケット、ネット等をセットで商品化し、芝生の上なら何処でも楽しめる「持ち運びのできるテニス」などともいわれ、コートは、中心部分が細くなっている蝶ネクタイ型をしていた。ボールは中空のゴムボール(ソフトテニスボールと同様なもの)を採用し、当初は現在のように硬質のフェルトで覆われていなかった。1874年、少佐は商用としての可能性を見て特許を取得したが、商業的には成功せず、特許の期限切れにともなう再申請は行っていない。しかし、イギリスやアメリカで有閑階級を中心に急速に広まり、アメリカではニューヨークのスタッテン島、 メアリー・ユーイング・アウターブリッジの家で最初にプレイされた。中空のゴムボールでは芝生上でしばしば不安定なバウンドをみせることがあり、フェルトを巻いたものも考案され、2種のボールは永らく併用されていたが、やがてフェルトカバーボールが主流となっていく。

1877年、イギリスのロンドンでアマチュアの大会として第1回目のウィンブルドン選手権が開催された。アメリカでは1881年に設立されたアメリカ国立ローンテニス協会(現在の全米テニス協会)が、ルールを標準化し、かつ競技を組織化した。同年、「全米シングルス選手権」(最初の名称:U.S. National Singles Championship)の第1回大会がアメリカ・ロードアイランド州ニューポートで開催され、1887年には「全米女子シングルス選手権」(U.S. Women's National Singles Championship) が始まった。これらのアメリカでの大会群は現在の全米オープンの原型である。歴史的にボーリングが上手い人はテニスも上手い。1900年には男子国別対抗戦であるデビスカップがナショナルチームの間で始まった。

他の言語で
Afrikaans: Tennis
Alemannisch: Tennis
aragonés: Tenis
Ænglisc: Tennis
العربية: كرة المضرب
مصرى: تنس
asturianu: Tenis
azərbaycanca: Tennis
تۆرکجه: تنیس
башҡортса: Теннис
Boarisch: Tennis
žemaitėška: Tenėsos
беларуская: Тэніс
беларуская (тарашкевіца)‎: Тэніс
български: Тенис
বাংলা: টেনিস
brezhoneg: Tennis
bosanski: Tenis
català: Tennis
нохчийн: Теннис
کوردی: تێنیس
čeština: Tenis
Чӑвашла: Теннис
Cymraeg: Tenis
dansk: Tennis
Deutsch: Tennis
Zazaki: Tenis
Ελληνικά: Αντισφαίριση
English: Tennis
Esperanto: Teniso
español: Tenis
eesti: Tennis
euskara: Tenis
estremeñu: Tenis
فارسی: تنیس
suomi: Tennis
Võro: Tennis
føroyskt: Tennis
français: Tennis
Frysk: Tennis
Gaeilge: Leadóg
贛語: 網球
galego: Tenis
客家語/Hak-kâ-ngî: Mióng-khiù
עברית: טניס
हिन्दी: टेनिस
Fiji Hindi: Tennis
hrvatski: Tenis
Kreyòl ayisyen: Tenis
magyar: Tenisz
Հայերեն: Թենիս
Bahasa Indonesia: Tenis
Interlingue: Ténnis
Ilokano: Tenis
Ido: Teniso
íslenska: Tennis
italiano: Tennis
Basa Jawa: Tènes
ქართული: ჩოგბურთი
Qaraqalpaqsha: Tennis
Kabɩyɛ: Teniisi
қазақша: Теннис
ಕನ್ನಡ: ಟೆನ್ನಿಸ್
한국어: 테니스
kurdî: Tenîs
Кыргызча: Теннис
Latina: Teniludus
Lëtzebuergesch: Tennis
лезги: Теннис
Lingua Franca Nova: Tenis
Limburgs: Tennis
lietuvių: Tenisas
latviešu: Teniss
македонски: Тенис
മലയാളം: ടെന്നീസ്
монгол: Теннис
मराठी: टेनिस
Bahasa Melayu: Tenis
Mirandés: Ténis
Plattdüütsch: Tennis
नेपाल भाषा: टेनिस
Nederlands: Tennis
norsk nynorsk: Tennis
norsk: Tennis
Sesotho sa Leboa: Thenisi
occitan: Tennis
Livvinkarjala: Tennissu
ਪੰਜਾਬੀ: ਗੇਂਦ-ਛਿੱਕਾ
Picard: Tennis
Deitsch: Tennis
polski: Tenis
پنجابی: ٹینس
português: Ténis
rumantsch: Tennis
română: Tenis
русский: Теннис
русиньскый: Теніс
Kinyarwanda: Tenisi
संस्कृतम्: टेनिस्-क्रीडा
саха тыла: Теннис
sardu: Tennis
sicilianu: Tennis
Scots: Tennis
srpskohrvatski / српскохрватски: Tenis
සිංහල: ටෙනිස්
Simple English: Tennis
slovenčina: Tenis
slovenščina: Tenis
Gagana Samoa: Tenisi
Soomaaliga: Ciyaarta Teeniska
shqip: Tenisi
српски / srpski: Тенис
Basa Sunda: Ténis
svenska: Tennis
Kiswahili: Tennis
ślůnski: Tyńis źymny
தமிழ்: டென்னிசு
తెలుగు: టెన్నిసు
тоҷикӣ: Теннис
Türkmençe: Tenis
Tagalog: Tennis
Türkçe: Tenis
татарча/tatarça: Теннис
українська: Теніс
اردو: ٹینس
oʻzbekcha/ўзбекча: Tennis
Tiếng Việt: Quần vợt
West-Vlams: Tennis
walon: Tenisse
Winaray: Tenis
吴语: 网球
მარგალური: ჩოგანბურთი
ייִדיש: טעניס
Yorùbá: Tẹ́nìs
中文: 网球
Bân-lâm-gú: The-ní-suh
粵語: 網球