テッド・ウィリアムズ

テッド・ウィリアムズ
Ted Williams
Ted Williams BBall Digest May 1949 raw.jpg
1949年
基本情報
国籍アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地カリフォルニア州サンディエゴ
生年月日1918年8月30日
没年月日(2002-07-05) 2002年7月5日(83歳没)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席右投左打
ポジション外野手
プロ入り1936年
初出場1939年4月20日 ニューヨーク・ヤンキース
最終出場1960年9月28日 ボルチモア・オリオールズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年1966年
得票率93.38%
選出方法全米野球担当記者協会選出

セオドア・サミュエル・"テッド"・ウィリアムズTheodore Samuel "Ted" Williams, 1918年8月30日 - 2002年7月5日)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ出身のプロ野球選手。右投左打。ニックネームは"The Kid", "Teddy Ballgame", "Splendid Splinter", "Thumper"

MLB史上最高の左翼手とも称され[1][2][3]ロジャース・ホーンスビーと並び、メジャーリーグベースボール(MLB)で三冠王を2度獲得した。通算出塁率.482はメジャー歴代1位。1941年打率.406を記録。2017年時点でMLB最後の規定4割打者である。

経歴

プロ入り前

1918年、サンディエゴで生まれる。名前の"Theodore Samuel"は、父のサミュエル・スチュアート・ウィリアムズと大統領セオドア・ルーズベルトにちなんで名づけられた。

地元サンディエゴのハーバート・フーバー高校時代からその才能は注目され、高校在学中には既にセントルイス・カージナルスニューヨーク・ヤンキースからのオファーを受け取っていた。しかしサンディエゴを離れるにはまだ若すぎると母親が反対したため、ウィリアムズは当時まだマイナーリーグに所属していた地元のパドレスと高校在学のまま契約を交わした。ウィリアムズはマイナーリーグで上記のパドレスとミネアポリスに所属し、メジャーリーグ昇格の機会をうかがっていた。

現役時代

1939年にメジャーデビュー。1年目から活躍し、打率.327、本塁打31本、145打点の活躍で打点王のタイトルを獲得した。

1941年には打率4割の期待がかかり、シーズン最終日にフィラデルフィア・アスレチックスとのダブルヘッダーを残して打率.3995。打率は毛を四捨五入して厘の値までとなり、規定打数に達しており、この時点でも記録上は打率4割となるため、周囲からは欠場を勧められた。しかしウィリアムズはダブルヘッダーに出場。最初の打席で、球審のビル・マゴワンがホームプレートを掃きながら、「4割を達成したいなら、力を抜くんだぞ」と言ったという[4]。ウィリアムズは同2試合で8打数6安打を記録し、打率4割を6厘上回り、23歳1か月で、1911年ジョー・ジャクソンが打率4割を記録した24歳2か月という4割打者の最年少記録を塗り替え、首位打者本塁打王のタイトルを獲得した。これ以降、メジャーで打率4割を記録した者はいないため、最年少記録を出した選手が最後の打率4割達成者となっている。また、試合に出場した理由として、四捨五入で4割となるため実際は4割ではなかったと言われるのが嫌だったと語っている。同年シーズンは打点が120で、あと5打点稼いでいれば125打点のジョー・ディマジオに並び三冠王だった。

1942年には自身初の三冠王を記録。

1947年にはメジャー最多タイ記録の2度目の三冠王を記録している。

1949年にも三冠王のチャンスがあったが、最終戦に1毛差で打率を逆転されて首位打者を獲得できず、三冠王を逃した。

1954年には打率がリーグトップであるが当時の首位打者の規定である400打数に136四球が影響して386打数で届かず、逃している。このため、1957年シーズン前に打数ではなく、打席を採用することが決定している。

第二次世界大戦朝鮮戦争による2度の従軍があったものの[5]1960年の引退までレッドソックスの主軸として活躍した。通算打率.344、521本塁打はレッドソックスの球団記録である。"Untouchable"と言われる出塁率5割を3度も達成し、通算出塁率.482はメジャー歴代1位。また、通算OPS1.116はベーブ・ルースに次ぐ歴代2位である。

引退後

1966年アメリカ野球殿堂入り。

1969年からの4年間は第3次ワシントン・セネタース及び後身のテキサス・レンジャーズの監督を務めた。

2002年7月5日、死去。背番号9はレッドソックスの永久欠番となっている。

他の言語で
العربية: تيد وليامز
asturianu: Ted Williams
čeština: Ted Williams
English: Ted Williams
español: Ted Williams
français: Ted Williams
italiano: Ted Williams
latviešu: Teds Viljamss
Malagasy: Ted Williams
polski: Ted Williams
português: Ted Williams
Simple English: Ted Williams
svenska: Ted Williams
Winaray: Ted Williams