テオブロミン

テオブロミン
構造式 テオブロミン
IUPAC名3,7-ジメチルキサンチン
別名2,6-ジヒドロキシ-3,7-ジメチルプリン
分子式C7H8N4O2
分子量180.16
CAS登録番号[83-67-0]
形状白色結晶
融点345–350 °C
テオブロミンの分子模型。黒が炭素、灰色が水素、紫が窒素、赤が酸素を表す。

テオブロミン(theobromine)は、カカオなどに含まれるプリン塩基と構造が似たアルカロイドの1種である。カカオ以外にもチャノキコーラと言った植物にも含まれるため、チョコレート以外にもなどのほかの食品中にも存在している。その名前に反して臭素(Bromine)は持たず、テオブロミンという名前は、ギリシア語で神の(theo)食べ物(broma)という意味を持つカカオの学名Theobromaに由来する。

歴史

テオブロミンは1878年にカカオの種子より初めて分離され、程なくしてエミール・フィッシャーによってキサンチンからの人工的な合成法が確立された。

他の言語で
العربية: ثيوبرومين
تۆرکجه: تئوبرومین
български: Теобромин
bosanski: Teobromin
català: Teobromina
čeština: Theobromin
dansk: Theobromin
Deutsch: Theobromin
English: Theobromine
Esperanto: Teobromino
español: Teobromina
eesti: Teobromiin
فارسی: تئوبرومین
français: Théobromine
עברית: תאוברומין
hrvatski: Teobromin
magyar: Teobromin
Հայերեն: Թեոբրոմին
Bahasa Indonesia: Teobromina
italiano: Teobromina
latviešu: Teobromīns
македонски: Теобромин
Bahasa Melayu: Teobromina
Nederlands: Theobromine
norsk nynorsk: Teobromin
norsk: Teobromin
polski: Teobromina
português: Teobromina
română: Teobromină
русский: Теобромин
srpskohrvatski / српскохрватски: Teobromin
Simple English: Theobromine
slovenčina: Teobromín
slovenščina: Teobromin
српски / srpski: Teobromin
svenska: Teobromin
українська: Теобромін
中文: 可可碱
粵語: 唂咕鹼