ティム・ケーヒル

ティム・ケーヒル Football pictogram.svg
New York Red Bulls vs CD FAS (15241825476).jpg
ニューヨーク・レッドブルズでのケーヒル (2014年)
名前
本名 ティモシー・フィリガ・ケーヒル
Timothy Filiga Cahill
愛称 ティミー、タイニイ・ティム
ラテン文字 Tim CAHILL
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
サモアの旗 サモア
生年月日 (1979-12-06) 1979年 12月6日(37歳)
出身地 シドニー
身長 180cm
体重 77kg
選手情報
在籍チーム オーストラリアの旗 メルボルン・シティFC
ポジション MF(AMF)/ FW(CF)
背番号 17
利き足 右足
ユース
1995-1997 オーストラリアの旗 シドニー・オリンピック
1997 オーストラリアの旗 シドニー・ユナイテッド
1997-1998 イングランドの旗 ミルウォール
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-2004 イングランドの旗 ミルウォール 217 (52)
2004-2012 イングランドの旗 エヴァートン 226 (56)
2012-2015 アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク・レッドブルズ 62 (14)
2015-2016 中華人民共和国の旗 上海緑地申花 28 (11)
2016 中華人民共和国の旗 杭州緑城 17 (4)
2016- オーストラリアの旗 メルボルン・シティ 22 (11)
代表歴2
1994   サモア U-20 2 (0)
2004   オーストラリア U-23 3 (1)
2004- オーストラリアの旗 オーストラリア 103 (50)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年4月12日現在。
2. 2017年10月10日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ティモシー・フィリガ・"ティム"・ケーヒルTimothy Filiga "Tim" Cahill1979年 12月6日 - )は、 オーストラリアニューサウスウェールズ州 シドニー出身の サッカー選手Aリーグメルボルン・シティに所属し、 オーストラリア代表にも選出されている。ポジションは ミッドフィールダーフォワード。「 カーヒル」「ケイヒル」と表記されることもある。

オーストラリア代表ではワールドカップ3大会とアジアカップ3大会に出場。同国代表の通算得点記録の保持者である。

来歴

クラブ

アイルランドイングランド人の父と サモア人の母の間に生まれる [1]1997年に シドニー・ユナイテッドからイングランドの ミルウォールFCに移籍。エースとして活躍し、2003-04年シーズンにはミルウォールを FAカップ決勝にまで押し上げる原動力となった [1]。ミルウォールには7シーズン在籍し241試合に出場して58ゴールを記録。

2004-2005シーズン開幕前に エヴァートンFCに移籍。移籍金は150万ポンド。エヴァートンでの1シーズン目は主にセカンドトップとして起用され、チーム最多の13得点を上げる。この年、エヴァートンは4位でリーグを終え、 チャンピオンズリーグ出場権を獲得。以降、2006年11月および2007年3月に大きな怪我に見舞われて長期の戦線離脱を経験するも、8シーズンに渡りエヴァートンの攻撃の要として活躍。リーグ戦226試合出場で56ゴールを決めた。通算では271試合66ゴールを記録する活躍をした。

2012年7月、 メジャーリーグサッカーニューヨーク・レッドブルズヘ移籍した [2]。2013年にはMLSベストイレブンに選出された。

2015年2月2日、ニューヨーク・レッドブルズとの契約を解除し [3]、翌日に 上海緑地に加入した [4]。リーグ戦では28試合出場11ゴールを記録。

2016年2月22日、 中国スーパーリーグ杭州緑城に完全移籍した。リーグ戦では17試合に出場し、4ゴールを挙げていたが、同年7月にわずか半年で退団が決定した。

2016年8月11日、 Aリーグメルボルン・シティに加入することをメルボルン・シティの公式サイトで発表した [5]。契約期間は2019年までの3年契約となっている。オーストラリアのクラブでプレーするのは、ユース時代の1997年以来、約19年ぶりということになった。ケーヒルは加入に際し、クラブ公式サイトを通じて「僕はメルボルン・シティと契約できて、信じられないくらい興奮している。理想的な場所だよ。僕はクラブと、オーストラリアサッカーの発展の両方のためにできる限り貢献したい」とコメントした。

代表

母がサモア人であったことから14歳の時に U-20サモア代表として OFC U-20選手権に出場 [1]日韓ワールドカップの際には ミック・マッカーシー監督から アイルランド代表入りを薦められたが、当時のレギュレーションにより断念した [1]

2004年 3月30日南アフリカとの親善試合でオーストラリア代表デビュー。同年 5月31日タヒチ戦で代表初得点を含む2得点を挙げた。

2006年ドイツW杯オセアニア予選ではMFながらも得点王となった。 2006年ドイツワールドカップのグループステージでは、グループリーグ初戦の 日本戦後半(53分)から途中出場し、84分に同点ゴール、89分に逆転ゴールを決めた [1]2009年 6月17日に開催された 南アフリカW杯アジア最終予選の日本戦でも2ゴールを決めている。

南アフリカワールドカップでは初戦の ドイツ戦で バスティアン・シュヴァインシュタイガーを後ろから倒し 一発退場(試合は4-0でドイツの勝利)。出場停止明けのグループリーグ第3戦の セルビア戦では先制点を挙げ勝利に貢献したが、オーストラリアはグループリーグ敗退となった。

2011年アジア杯では決勝で日本に敗れ準優勝、自身は1ゴールに留まった。

ブラジルワールドカップでは6月18日グループB第2節の オランダ戦で大会のベストゴールともいえるような素晴らしいダイレクトボレーを左足で決めた。 試合は2-3でオランダの勝利。この試合でイエローカードを受け累積警告による出場停止で スペインとの最終節に出られなかった。

2014年大会終了時でワールドカップ通算5ゴールは AFCの選手としては単独最多となっている( OFC時代の2ゴール含む。2位タイは3ゴールの 安貞桓サミ・アル=ジャバー朴智星本田圭佑)。

FIFAコンフェデレーションズカップ2017チリ戦で代表通算100試合出場を達成した [6]

2017年10月10日の ワールドカップアジア予選プレーオフ2ndレグの シリア戦では同点ゴールに加え延長戦で決勝ゴールを挙げ、オーストラリアの 大陸間プレーオフ進出に貢献した [7]。またこの決勝点が自身代表通算50得点となった [7]

他の言語で
العربية: تيم كاهيل
беларуская (тарашкевіца)‎: Тым Кэгіл
български: Тим Кейхил
বাংলা: টিম কেহিল
čeština: Tim Cahill
Cymraeg: Tim Cahill
dansk: Tim Cahill
Deutsch: Tim Cahill
Ελληνικά: Τιμ Κέιχιλ
English: Tim Cahill
español: Tim Cahill
eesti: Tim Cahill
فارسی: تیم کیهیل
suomi: Tim Cahill
français: Tim Cahill
Gaeilge: Tim Cahill
hrvatski: Tim Cahill
magyar: Tim Cahill
Հայերեն: Թիմ Կեհիլ
Bahasa Indonesia: Tim Cahill
italiano: Tim Cahill
Basa Jawa: Tim Cahill
ქართული: ტიმ კეჰილი
Qaraqalpaqsha: Tim Cahill
한국어: 팀 케이힐
lietuvių: Tim Cahill
latviešu: Tims Kehils
Malagasy: Tim Cahill
македонски: Тим Кејхил
монгол: Тим Кэхилл
मराठी: टिम केहिल
Bahasa Melayu: Tim Cahill
Nederlands: Tim Cahill
norsk nynorsk: Tim Cahill
norsk: Tim Cahill
polski: Tim Cahill
português: Tim Cahill
Runa Simi: Tim Cahill
română: Tim Cahill
русский: Кэхилл, Тим
Scots: Tim Cahill
srpskohrvatski / српскохрватски: Tim Cahill
Simple English: Tim Cahill
shqip: Tim Cahill
српски / srpski: Тим Кејхил
svenska: Tim Cahill
Türkçe: Tim Cahill
українська: Тім Кегілл
oʻzbekcha/ўзбекча: Tim Cahill
Tiếng Việt: Tim Cahill