チンロン

ヤンゴン郊外のでチンロンを行なう男性たち。通常は6人が円になって行なう。手前のランニングシャツの男性などはロンジー(巻きスカート)を半ズボン状に縛ってプレーしている。

チンロンビルマ語: ခြင်းလုံး, ビルマ語発音: [tɕʰɪ́ɴlóʊɴ], 英語: Chinlone)は、主にミャンマーで行なわれている伝統的な遊戯またはスポーツである。路上などで広く娯楽(ワインチン)として行なわれており、見世物としての個人ショーが行なわれることもあり、また競技規則に則ったスポーツの試合としても行なわれる[1]ビルマ語で「チン」は籠、「ロン」は球体を意味する[2]。競技の名称だけでなく、競技で使用されるボールも意味するため[2]、この項では便宜上ボールのことをチンロン球と表記する。「チン」のみで競技の名称やチンロン球を指すこともある[3]

伝統的なチンロン球のサイズは直径約13cm・円周約40cmである[4]トウ(籐)を幅3mm、長さ3mの紐状に裂き、6本または10本どりで球形に編む[5]。中空で重量は約100gであり、トウ紐の間には五角形の穴が12ヶ所できる[5]

他の言語で
български: Чинлоун
català: Xinlone
Deutsch: Chinlone
English: Chinlone
español: Chinlone
français: Chinlon
한국어: 친론
မြန်မာဘာသာ: ခြင်းလုံး
polski: Chinlone
português: Chinlone
Tiếng Việt: Chinlone