チャールズ・ホイートストン

チャールズ・ホイートストン
Charles Wheatstone - Project Gutenberg etext 13103.jpg
生誕 (1802-02-06) 1802年 2月6日
イギリスの旗 イギリス, グロスター
死没 (1875-10-19) 1875年 10月19日(満73歳没)
フランスの旗 フランス, パリ
居住 イギリスの旗 イギリス
国籍 イギリスの旗 イギリス
研究分野 電気工学, 物理学
研究機関 キングス・カレッジ・ロンドン
主な業績 ホイートストンブリッジ
主な受賞歴 ロイヤル・メダル(1840, 1843)
コプリ・メダル(1968)
補足
プロジェクト:人物伝

サー・チャールズ・ホイートストン(Sir Charles Wheatstone1802年 2月6日 - 1875年 10月19日)は、 イギリス物理学者である。

生涯

父は楽器職人で、ホイートストンも 1823年から 1834年まで ロンドンでその仕事を学んだ。 キングス・カレッジ・ロンドン実験物理学教授になり、 1828年アコーディオンに似た楽器の イングリッシュコンサーティーナを発明した。 1833年に音響の研究を発表している。 1836年には 王立協会の会員になった [1]。最初は音の伝播や 固有振動、楽器など音響の研究をしていた。

1833年、 サミュエル・ハンターが発明した 電気抵抗の測定法を改良した。これは後に ホイートストンブリッジと呼ばれることになり、広く用いられている。1833年、 ステレオ・スコープを発明した。 1834年電線中の 電流の速度をはじめて測定した。 1840年、連続的に 電気抵抗を変化させることのできる レオスタットを発明した。その後、電気技術者の ウィリアム・クックと協力して 電信の開発を行った。 1836年に5針式電信機を発明し、翌年ロンドンのオーストン駅とカムデンタウン間で試験が行われ、後に鉄道の分野で用いられた。

1854年、「プレイフェア暗号」を考案した。友人の プレイフェア卿と趣味でやりとりするのに使われたもので、プレイフェア卿の名前で呼ばれる。

他の言語で
български: Чарлз Уитстоун
Bahasa Indonesia: Charles Wheatstone
Nederlands: Charles Wheatstone
norsk nynorsk: Charles Wheatstone
português: Charles Wheatstone
srpskohrvatski / српскохрватски: Charles Wheatstone
slovenčina: Charles Wheatstone
slovenščina: Charles Wheatstone
српски / srpski: Чарлс Витстон
українська: Чарльз Вітстон
Tiếng Việt: Charles Wheatstone