ダーウィン (ノーザンテリトリー)

ダーウィン
City landscape of Darwin, Northern Territory.jpg
ダーウィンの市章
位置
の位置図
座標 : 南緯12度27分00秒 東経130度50分00秒 / 南緯12度27分00秒 東経130度50分00秒 / -12.45000; 130.83333
地理
面積 
  域112.01 km2
人口
人口(2009年現在)
  域124,800人
    人口密度  926人/km2
その他
等時帯AEST (UTC+9:30)
夏時間AEST (UTC+9:30)

ダーウィン(Darwin)は、オーストラリア連邦準州ノーザンテリトリーの州都である。人口は12万5千人(2009年)、オーストラリアでは16位で、準州の総人口の約6割がここに集中している。オーストラリア大陸北側のティモール海沿いに位置する。他の国内主要都市からは離れた位置にある(パースから4042km、首都のキャンベラからは3969km)一方でオーストラリアではアジアに最も近い位置(ジャカルタまで2700km、那覇まで4300km、東京まで5400km程度)にあることから、非常に多文化的な都市となっている。75の民族が見られ、人口の約4分の1がアボリジニなどの原住民である。また、ノーザンテリトリーで唯一の大学であるチャールズ・ダーウィン大学の所在地でもある。

歴史

ダーウィン周辺に最初に居住したのはアボリジニ(オーストラリア先住民)のララキア族 (Larrakia) である。彼らは東南アジアとの交易ルートを持っていた。1600年代オランダ人がオーストラリア北岸に達し、初めて地図を作った。現在でもアーネムランドグルートアイランド島などオランダ語の地名が残っているのはそのためである。

現在のダーウィン市の近郊には、1824年から1860年代末までイギリスが入植と撤退を繰り返し、市街は安定しなかった。その間の1839年にイギリス海軍の軍艦ビーグル号のジョン・ロート・ストークスによって港に好適な入り江が発見された。船長のジョン・クレメンス・ウィッカムはイギリスの自然科学者チャールズ・ダーウィンにちなんで、この入り江をポート・ダーウィン(ダーウィン港)と名づけた。チャールズ・ダーウィンとウィッカム、ストークスらはビーグル号の前回の探検航海で同船仲間であった。ただしこの時点ではポート・ダーウィンは非公式な名称であった。時にダーウィンがこの地を訪れたことに由来する、と説明されるが[1]、ダーウィンが乗船した航海ではビーグル号はシドニーからオーストラリア南岸を通過しており、当地には立ち寄っていない。

ダーウィン市風景

ノーザンテリトリーは当初南オーストラリア州に属していた。1869年、イギリス政府の主任監督者ゴイダー (G.W. Goyder) によって、135人の男女がポート・ダーウィンに小さな入植地を建設した。ゴイダーはこの入植地に、イギリスの首相パーマストン卿にちなんでパーマストンと命名した。1870年に大陸間電信のための最初の電柱が建てられた。1880年代にはパイン・クリークで金が発見され、パーマストン入植地は大きく発展した。オーストラリア連邦政府は1911年にノーザンテリトリーを直轄地とし、同時にダーウィンが当市の公式な名称になった。

太平洋戦争中の1942年2月19日、ダーウィンは2度にわたって242機の日本軍艦載機を主力とする部隊に爆撃を受けた。この爆撃で使用された爆弾の数はおそらく真珠湾攻撃の時よりも多かったと考えられ、ダーウィンの歴史を考える上で欠かせない事件である(ダーウィン空襲)。この攻撃によって少なくとも243人が死亡し、街は大きな損害を被るなど、当時のオーストラリアにとって最も深刻な事件であった。以降ダーウィンは、1943年まで断続的に空襲を受けた。

ミンディル・ビーチ・マーケット

1974年12月25日にはサイクロン・トレイシーにより50人が死亡し、街の建物の70%が破壊された。これにより約3万人が航空機により避難した。街は1970年代後半に新しい建材や技術により再建された。衛星都市であるパーマストンは、1980年代前半にダーウィンの南20kmの位置に建設された。

2003年9月17日、大陸を南北に縦貫する鉄道としては人類史上初となるオーストラリア大陸縦断鉄道が開通し、鉄路でアデレードと結ばれた。ダーウィンからアデレードまで長距離旅客列車のザ・ガンが運行されている。

他の言語で
Afrikaans: Darwin
azərbaycanca: Darvin (şəhər)
беларуская: Дарвін (горад)
беларуская (тарашкевіца)‎: Дарвін (горад)
Ελληνικά: Ντάργουιν
Esperanto: Darvino
hrvatski: Darwin (grad)
Հայերեն: Դարվին
Bahasa Indonesia: Darwin, Wilayah Utara
Basa Jawa: Darwin
қазақша: Дарвин (қала)
Lëtzebuergesch: Darwin (Australien)
latviešu: Dārvina
монгол: Дарвин хот
Bahasa Melayu: Darwin, Wilayah Utara
မြန်မာဘာသာ: ဒါဝင်မြို့
Dorerin Naoero: Darwin
नेपाली: डार्विन
Norfuk / Pitkern: Daarwin
polski: Darwin
پنجابی: ڈارون
română: Darwin (oraș)
srpskohrvatski / српскохрватски: Darwin, Australija
slovenčina: Darwin (Austrália)
slovenščina: Darwin (mesto)
ślůnski: Darwin
українська: Дарвін (місто)
oʻzbekcha/ўзбекча: Darvin
vepsän kel’: Darvin (lidn)
Tiếng Việt: Darwin (Úc)
吴语: 达尔文
Bân-lâm-gú: Darwin