ダ・ヴィンチ・コード

ロバート・ラングドンシリーズ > ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ・コード』(The Da Vinci Code)は、2003年、アメリカ合衆国において、出版されたダン・ブラウン著作の長編推理小説である。『天使と悪魔』に次ぐ、「ロバート・ラングドン」シリーズの第2作。

レオナルド・ダヴィンチの作品であるウィトルウィウス的人体図モナ・リザ岩窟の聖母マリア最後の晩餐の謎に始まり、多くの流説を結びつけた内容は世界的にヒットし、44言語に翻訳され7000万部の大ベストセラーとなった。筆者が(フィクションであるにもかかわらず)事実に基づいていると述べた為、多くの研究者による論争が行われている(後述の#批判・論争を参照)。

日本では、2004年5月に角川書店から上下巻で刊行された。翻訳者は越前敏弥。その後、角川文庫で上中下巻の廉価版も発刊された。日本国内での単行本・文庫本の合計発行部数は1000万部を突破した[1]

2006年、映画化。詳細は「ダ・ヴィンチ・コード (映画)」を参照。

また、アドベンチャーゲームとして、Microsoft WindowsPlayStation 2Xboxにてゲーム化もされている。詳細はダ・ヴィンチ・コード (ゲーム)英語版を参照。

あらすじ

深夜、パリホテル・リッツに宿泊していたハーヴァード大学宗教象徴学教授ロバート・ラングドンの元に、フランス司法警察中央局警部補ジェローム・コレが訪ねてきた。 急用による同行を請われ、到着した場所はパリルーヴル美術館だった。そこで、ロバート・ラングドンは、ルーヴル美術館館長ジャック・ソニエール(76歳)の死体が、猟奇殺人にも似た、ウィトルウィウス的人体図を模した形で、発見されたと伝えられる。

フランス司法警察は、宗教象徴学者の立場から、事件に対するラングドンの見解を聞きたいと協力を要請した。しかし、実際はソニエールと会う約束をしていたラングドンを容疑者として疑い、逮捕するために呼んだのである。 ロバート・ラングドンは、ジャック・ソニエールの孫娘にして、フランス警察の暗号解読官ソフィー・ヌヴーの協力により、その場を脱した。ソフィー・ヌヴーは、祖父の状態を祖父が自らに遺した、自分にしか解けない暗号であると考え、ロバート・ラングドンの潔白に確信を持っていた。これを上に報告しても、一笑に付されると感じたソフィー・ヌヴーは、ロバート・ラングドンの協力を得るため、彼を逃がす。

しかし、そのことによってソフィー・ヌヴーは、ロバート・ラングドンともども、フランス司法警察に追われることになってしまう。

一方で、ジャック・ソニエールを殺した犯人と、その黒幕は、かつて、ジャック・ソニエールが秘匿したとされる聖杯の秘密を追っていた。そして、その毒牙もまたロバート・ラングドンたちを狙う。

他の言語で
azərbaycanca: Da Vinçi şifrəsi
беларуская: Код да Вінчы
bosanski: Da Vincijev kod
français: Da Vinci Code
hrvatski: Da Vincijev kod
Bahasa Indonesia: The Da Vinci Code
한국어: 다빈치 코드
Lëtzebuergesch: The Da Vinci Code
lietuvių: Da Vinčio kodas
latviešu: Da Vinči kods
македонски: Кодот на Да Винчи
Bahasa Melayu: The Da Vinci Code
norsk nynorsk: Da Vinci-koden
português: O Código Da Vinci
русский: Код да Винчи
srpskohrvatski / српскохрватски: The Da Vinci Code
Simple English: The Da Vinci Code
српски / srpski: Да Винчијев код
Tiếng Việt: Mật mã Da Vinci