ダリオ・グランディネッティ

ダリオ・グランディネッティ
ダリオ・グランディネッティ
本名Darío Alejandro Grandinetti
生年月日(1959-03-05) 1959年3月5日(59歳)
出生地アルゼンチンの旗 アルゼンチンサンタフェ州ロサリオ
職業俳優
ジャンルテレビ映画
配偶者マリサ・モンディーノ(1995-2006)
エウラリア・ロンバルテ・リョルカ(1989-1992)

ダリオ・グランディネッティスペイン語: Darío Grandinetti1959年3月5日 - )は、アルゼンチンサンタフェ州ロサリオ出身の俳優[1]国際エミー賞を受賞している[2]ペドロ・アルモドバル監督の作品としては『トーク・トゥ・ハー』と『ジュリエッタ』に出演し、アルモドバルが製作を務めた『人生スイッチ』にも出演した。サッカークラブのCAリーベル・プレートのファンである[1]

経歴

グランディネッティ(右端)

グランディネッティは1980年にテレビ俳優としてデビューし、1984年の『Darse cuenta』で映画デビュー、徐々に映画俳優に移行した。主にアルゼンチン映画かアルゼンチンが製作に関与する作品に出演しているが、1998年にはボリビアの『El Día que murió el silencio』に出演し、初めて国外で製作された作品に出演した。

1989年から1992年にはエウラリア・ロンバルテ・リョルカと結婚して2子を儲けている[1]。1995年4月7日には女優のマリサ・モンディーノと結婚して一子を儲けた[1]

近年にはいくつものスペイン映画に出演しており、スペインのテレビドラマにゲストとして出演することもある。2012年には国際エミー賞を受賞し[2]、同賞を受賞した初のアルゼンチン人俳優となった[1]