ダゲレオタイプ

ダゲレオタイプで撮影したダゲールのアトリエ(1837年)

ダゲレオタイプ: daguerréotype)とは、ルイ・ジャック・マンデ・ダゲールにより発明され、1839年8月19日フランス学士院で発表された世界初の実用的写真撮影法であり、湿板写真技法が確立するまでの間、最も普及した写真技法。メッキをした板などを感光材料として使うため、日本語では銀板写真とも呼ばれる。転じて、その技法を採用した世界最初の写真用カメラ「ジルー・ダゲレオタイプ」もダゲレオタイプと呼ばれる。

主な特徴

ダゲールによる写真『Boulevard du Temple』。1838年から1839年の間に撮影されたもの。10分以上の露光により道路を行きかう人馬は全く写っていないが、唯一画面左下に片足を何かに乗せた人物が写っている。おそらく初めて写真に写った人物と思われる
1840年バイエルン州で撮影された集合写真。前列左端の女性はコンスタンツェ・モーツァルトとされている。

ダゲレオタイプの最も大きな特徴は、ポジティブ画像をダイレクトに得る写真技術であるという点である。ダゲレオタイプ以降に登場した写真技術では、基本的に明暗の反転したネガティブ画像を得て、そこから明暗の反転しないポジティブ画像をプリントする方式が主流であったのに対し、ダゲレオタイプは銀板上に定着されたポジティブ画像そのものが最終的に鑑賞に供される画像となるのである。このことは、ダゲレオタイプで撮影された写真は一枚しか存在しないことを意味する。またダゲレオタイプに使う銀板は不透明であるから、感光面側から像を鑑賞する形となり、左右が反転した像を見ることとなる。 接触などによって銀板上に定着した像が壊されやすいのもダゲレオタイプの欠点の一つであり、ガラスなどで保護するなどの対策が必要となる。

最初期のジルー・ダゲレオタイプは露光時間が日中で10~20分かかり、肖像写真に使えるようなものではなかったが、明るいレンズの開発と感光材料の改良によって最短で数秒程度の露光時間で済むようになった。これは写真湿板よりもやや高感度か、ほぼ同様の性能である。

他の言語で
Afrikaans: Daguerreotipe
Ænglisc: Daguerreotype
العربية: داجيرية
asturianu: Daguerrotipu
azərbaycanca: Dagerotipiya
беларуская: Дагератыпія
български: Дагеротипия
català: Daguerreotip
čeština: Daguerrotypie
Ελληνικά: Νταγκεροτυπία
English: Daguerreotype
Esperanto: Dagerotipio
español: Daguerrotipo
euskara: Dagerrotipo
français: Daguerréotype
furlan: Dagherotipie
galego: Daguerrotipo
עברית: דאגרוטיפ
hrvatski: Dagerotipija
Հայերեն: Դագերոտիպիա
Bahasa Indonesia: Daguerreotype
íslenska: Daguerreaðferð
italiano: Dagherrotipia
ភាសាខ្មែរ: ដាហ្គែរ៉ូថែព
lietuvių: Dagerotipija
latviešu: Dagerotipija
മലയാളം: ഡഗറോടൈപ്പ്
Bahasa Melayu: Daguerreotaip
Nederlands: Daguerreotypie
norsk nynorsk: Daguerreotypi
occitan: Daguerreotipe
polski: Dagerotypia
português: Daguerreótipo
română: Daghereotipie
русский: Дагеротипия
srpskohrvatski / српскохрватски: Dagerotipija
Simple English: Daguerreotype
slovenčina: Dagerotypia
slovenščina: Dagerotipija
српски / srpski: Дагеротипија
svenska: Dagerrotypi
Türkçe: Dagerreyotipi
українська: Дагеротипія