ダウンタウン (ロサンゼルス)

ダウンタウン・ロサンゼルス
—  ロサンゼルスの近隣と地区  —
ロサンゼルスダウンタウンの上空から(2007)


印章
愛称:ダウンタウン LA, DTLA
ロサンゼルスダウンタウン都市高速道路
座標: 北緯34度03分25秒 西経118度14分17秒 / 北緯34度03分25秒 西経118度14分17秒 / 34.057; -118.238
Subdistricts of downtown

ダウンタウン・ロサンゼルス(英:Downtown Los Angeles)は ロサンゼルス中心業務地区、同時に約50,000人が住む多様な住宅地でもある。 2013年の調査によれば、地区には500,000人以上の雇用がある。 [1]

集落が建設された1781年からの伝統として、今日のダウンタウンは ファッション地区からドヤ街( en)まで多彩な構成を持っており、メトロレール( en)が地区の中心を走っている。地区はかつて、銀行や 百貨店ピクチュア・パレスが住民と観光客を引き入れたが、(2000年早期から始まった)ルネサンスと呼ばれる再開発が近年に完了するまで、経済的な下落と10年に渡る沈滞の苦しみが続いた。再開発によって地区の古い建築物は新規用途への変更が始まり、超高層ビル群が建てられた。ダウンタウンは現在、連邦や州・郡の庁舎群、公園やシアターなどの公共施設が建ち並ぶ地区として知られている。

歴史

初期

初期のロサンゼルス・ダウンタウンにあたる地域は、 インディアンのトングヴァ人( en)の定住地として知られている。 後期ヨーロッパの植民地として、スペイン宣教師フアン・クリスピ( en)による、 カトリック教会 カリフォルニア・ミッションの布教の場に適しているか探検され、 1769年の記述によれば、この地域は”大きな植民地として地域の全てが必須”と記されている。 [2] 1781年9月4日、ダウンタウンにあたる地域は現代のメキシコの北部からやってきた、長い骨の折れる旅行をしてきた植民者の集団により発見された。 土地の投機は1880年代に増加し、都市の人口は1880年の11,000人から1,896年の100,000人に激増した。 [3] 都市基盤の増大と、通り基盤が据えられ、今日のシビック・センター( en)とヒストリック・コア( en)近隣に最初の南部開拓地開発がもたらされる。


ダウンタウン黄金時代

1920年までには、ダウンタウンの都市鉄道は、当時最盛の ニューヨークの鉄道線をも上回る広範囲に渡る、包括的な走行距離を誇った。 この時代には、住人と多くの開発業者がダウンタウンLA中心地に殺到し、ダウンタウンは大首都圏へと変貌を遂げる。 鉄道線は4つの国を結び、鉄道線路は1,100マイル(1,800 km)を超えた。 [4] 20世紀の初めの間、南スプリングストリートの周辺に銀行機関が密集し、スプリングストリート金融地区( en)を形成する。 度々"西のウォールストリート"( en)と呼ばれ、 [5] ダウンタウン地区には バンク・オブ・アメリカ、ファーマーズ&マーチャント銀行( en)、 クロッカーナショナルバンク、 カリフォルニア銀行、国際貯蓄&為替銀行を含む金融機関の本社が建ち並んだ。 パシフィックエクスチェンジ(ロサンゼルス株式取引所)( en)は、 ルート110が交差する新しいビルに移転するまでの1929年から1986年まで、回廊地帯に位置していた。 [6] 商業の成長は、この期間いくつものグランドホテルの建設もたらす。アレクサンドリア(1906)、ロスリン(1911)、ビルトモア( en)(1923)が建てられ、グランドホテル建設予定地ではロスアンゼルスの人口の増加をもたらした。 ブロードウェイは夜の遊び場、ショッピング、娯楽等が建設された地区となり、1932年以前に12以上の劇場と映画館が建てられた。 当時の最大の百貨店は、 ブロードウェイ、ハンバーガー&ソンズ、メイカンパニー( en)、JWロビンソンズ( en)、ブロックス( en)があり、 これらに勤める裕福な人がバンカーヒル( en)近隣の住人となった。 数々の専門店が繁盛したが、この中で宝飾店を営む店が集まり、ダウンタウン宝飾地区となる。 これら早期の宝飾業者の中にレイキン・ダイアモンドカンパニー(後に Laykin et Cie [8])と、 ハリー・ウィンストンがあった。両会社はアレクサンドリア・ホテル5thとスプリングストリートで営業を始めた事が確認出来る。 ユニオン駅 (ロサンゼルス)は、1939年5月に駅を開き、多くの地域でサービスを統一し、ダウンタウンの地域と長距離の旅客列車となる。 ユニオン駅はアメリカの中でその壮大な規模により、"偉大な鉄道駅"の一つとなった。

下り坂と再開発

2011,11月 エンジェルフライト( en)

ダウンタウンは 第二次世界大戦後に、 郊外化された。ロサンゼルスは高速道路網が整備され、自動車の所有者は増加したが、自動車の発展によりダウンタウンの都市への投資は減少していく事になる。 多くの会社(本社)が、ゆっくりと郊外化の為分散され、企業の合併と買収が相次いだ。 かつては裕福だったバンカーヒル近隣は、低収入な住人の宿泊地となり、威厳あるビクトリア朝のマンションは簡易宿泊所( en)へと変貌する。 1930年以前から、プラザ地域にある巨大で古い歴史のあるビルは取り壊され、街には多くの駐車場が造らた。 高い需要のため駐車場が造られ、駐車場自体の儲けが多いので、他の建物を建設する選択肢はなくなったが、その恩恵によりダウンタウンは保護されていた。 この地域の住人の大部分が減少したが、街ビジネス自体の生存能力(実行可能性)が歩行者を魅惑する事になる。 ほとんどのアンジェレノス(ロサンゼルスが出生地の住人)は、ダウンタウンでは自動車を降りることなく特定の目的地域にたどり着き、早急にビジネスを終わらせるようになった。 荒廃する地域と魅惑的なビジネスをダウンタウンに取り戻す為に、1955年にロサンゼルス市の再開発コミュニティはバンカーヒル再開発計画に着手する。 最大の整理計画が、家を更地にし開拓地にする将来に渡る商業的超高層ビル郡開発計画だった。 この計画段階では、近隣全体の整理と1969年のエンジェルフライト( en)ケーブル鉄道の枠型を見る事が出来る。 エンジェルフライトが5年の期間再稼働されるが(1996年に再開)2001年の致命的な事故の後に再び運転中止となる。 2010年3月15日、鉄道は安全システムとブレーキを広範囲に渡り改善し、旅客サービスを始めた。 バンカーヒルのクラスAオフィス( en)が利用可能になり、ダウンタウンLAの多く金融公庫が新しいビルに移動を始め、 金融機関が以前のスプリングストリート金融地区( en)から離れ、ビルの一階より上に賃貸者がいなくなる。 続いて会社の本社部分が6ブロック西に動き出し、1980年代には最高潮に達したブロードウェイの大型店が閉められた。 しかし、ブロードウェイ劇場はこの間、スペイン語映画ハウスを多く見出し、 1950年から始まるスペイン語劇場のミリオンダラーシアター( en)への改造が始まる。 [7]

近年

ダウンタウンの ライブラリータワーミシシッピ川の西で最も大きなビル

2013年中頃、ダウンタウンは" well-heeled の住人の人口が増えている界隈"とされている。 [8] ダウンタウンのビルオフィス市場が、バンカーヒルの西とロサンゼルス金融地区( en)へと移転した事により、 多くの歴史的ビルオフィスは、近年10年の間に手をつけられていない。あったとしても簡素に保管されたものや、全く空になったものになった。 1999年、それに伴いロサンゼルス・シティカウンシル( en)は、適応型再利用( en)条例( en)を通し、 開発業者が、廃れて空になったオフィスや商業ビル郡を、より簡単にロフトアパートや高級アパート、高級な団地型マンションに改装させる事が出来るようになる。 2009年の早い段階では、14,561棟に及ぶ居住郡が [9] 適応型再利用条例の下に建築され、それに伴い居住人口が増加し、2006年には28,878棟居住住宅、また滞在者住宅(ホテル含む)だったが、 [10] 2008年には39,537棟と36.9%も増加し [11]、ダウンタウン・ロサンゼルスの近年では新しい生活と住宅による新しい投資が見られるようになる。 [12]

  • 1999年に開店した ステイプルズ・センターが、ダウンタウン復興計画に非常に貢献した。ステイプルズ・センター近隣には毎年400万人

近い観光客が訪れ、250に及ぶイベントが開催されている。 [13] ステイプルズ・センターの開店以来、 L.A.ライブ近隣のノキアシアター( en)や グラミー・ミュージアム等の複合施設が完成した。

  • ロサンゼルス・メトロレール( en)の輸送網がダウンタウンに集中すると、都市の中央へアクセスを促し、都市の西側が混雑した。
  • 開発業者と投資家が、グランド・アベニュー付近に18億ドルに及ぶダウンタウン復興計画を画策している。

グランドパーク( en)の開発、大都市の公園 [14]フランク・ゲーリーが設計した都市のランドマークとなる建物や、 ウォルト・ディズニー・コンサートホール、広大な近代芸術美術館等が、2015年に開店する予定となっている。

  • 2007年8月7日、ロサンゼルス・シティカウンシル( en)が、ダウンタウンの開発規則と地区制の大更迭(徹底的な変革)を承認した。 [15]

市長のアントニオヴィライゴサ( en)による強い要望があり、大規模で高密度なダウンタウンの開発がなされる; 開発業者が、低収入の住人の住宅用地として15%の土地を残しておく事によって、いくつかの空地開発における必要条件が免除され、 彼らの住居を建築する事で、土地にかかる地区規定が35%以上免除される。 [15]

  • 2009年、ボッテガルイ( en)は、グラン・アベニュー( en)と、7th通りにある歴史的なブロックマンビルディング( en)の1階に店を開店させた。

1階にはレストランが多く立ち並び、巨大で新しいレストラン郡と小売店を開店した事によって、ダウンタウンの復興に貢献する事になった。 [16] これには、2012年のブロックマンビルディングの11階から上を高級なロフトアパートとして売り出す狙いもあった。 [17]