ターラー (通貨)

16世紀末から18世紀初頭までドイツおよびオーストリアで造られていたターラー銀貨。中央下にある現代のアメリカの25セント硬貨と比べるとその大きさがわかる

ターラーターレルThaler、Talerとも)は16世紀以来数百年にわたりヨーロッパ中で使われていた大型銀貨。その名残は、現在もアメリカ合衆国ドルをはじめとするドル(dollar)や、2007年までスロベニアで使われていたトラール(tolar)などの通貨名に残る。

ターラー(ターレル)の語源は「ヨアヒムスターラー」(Joachimsthaler)という銀貨の名が短縮されたものである。ヨアヒムスターラーは、16世紀初めに大きな銀山が発見され、1518年以来この種の銀貨が鋳造されてきたボヘミア(現在のチェコ)の町、ザンクト・ヨアヒムスタール(現在のヤーヒモフ)に由来する。

起源

ジークムントの造ったグルデングロッシェン、1486年

ターラーと同サイズの銀貨が造られるのは15世紀後半に遡る。15世紀の終わりにかけてヨーロッパ各国の通貨の品位は著しく悪化した。相次ぐ戦争のために戦費をひねり出すための改鋳が続いたほか、中東インドインドネシア中国などからスパイス陶磁器ほか高価な品物を買い、銀貨金貨で支払うという一方的な貿易を続けたためが流出したことによる。これらの要因のため、グロシュ(グロッシェン、グロ)銀貨の銀の含有量は急激に落ち、中には5%以下になったものもあり、銀貨の価値は13世紀14世紀のころに比べ下落した。

この流れを断ち切るため、またヨーロッパでの新たな銀山の発見や採掘開始もあり、イタリアでは1472年に重さ6グラムを超える大きなサイズのリラ銀貨が導入された。これはフランスのグロ・トゥルノワ銀貨の重さ4グラムほどを大きく超えるものだった。1474年には9グラムのリラ銀貨も造られた。

これに続き、1484年オーストリア大公ジークムントは下落した通貨の改革を目指し、純度937パーミル(93.7%)、15グラム半ほどの重さで30クロイツァーの価値のある「半グルデングロッシェン」(Guldengroschen)銀貨を鋳造した。これは非常にまれな硬貨でほとんど試験的なものだったが盛んに流通し成功をおさめた。ジークムントはこれをもとに、 シュヴァーツの銀山とハル・イン・チロルの鋳造所を使って1486年に後のターラーと同サイズで31グラムあまりの重さの大型銀貨、 グルデングロッシェン(Guldengroschen)を多数鋳造した。これは60クロイツァーの価値があり、グロシュ銀貨であるがグルデン金貨(ギルダーフローリン金貨)と同様の価値を持った。

グルデングロッシェンは「グルディナー」(guldiner)の愛称で呼ばれ、すぐさま成功をおさめた。銀山のある国は競ってグルディナーを模倣した。他の分野の芸術家同様にルネサンスに影響されていた浮彫り師らは、鋳造国の紋章をあしらった複雑で精巧な模様や、主君の写実的な肖像などを鋳型に彫りこんだ。

他の言語で
አማርኛ: Thaler
العربية: تالر
беларуская: Талер
беларуская (тарашкевіца)‎: Талер
български: Талер
brezhoneg: Taler
català: Tàler
kaszëbsczi: Talôr
dansk: Daler
Deutsch: Taler
English: Thaler
Esperanto: Talero
español: Tálero
eesti: Taaler
euskara: Thaler
فارسی: تالر
suomi: Taaleri
français: Thaler
galego: Tálero
עברית: טאלר
hrvatski: Talir
magyar: Tallér
Հայերեն: Թալեր
italiano: Tallero
ქართული: ტალერი
한국어: 탈러
latviešu: Dālderis
Nederlands: Daalder
norsk nynorsk: Dalar
norsk: Daler
occitan: Thaler
polski: Talar
português: Táler
română: Taler
русский: Талер
саха тыла: Талер
srpskohrvatski / српскохрватски: Talir
Simple English: Thaler
slovenščina: Tolar
svenska: Daler
українська: Таляр
中文: 塔勒