タランチュラ

タランチュラコモリグモ(雌)と子蜘蛛
ジュウサンボシゴケグモ(雌)

タランチュラtarantula英語発音: [təˈræntʃulə])とは、 ヨーロッパ伝説に登場する 毒グモである。

語源イタリア港町タラントであるとされる。その地方には毒グモの伝説があり、それに噛まれると タランティズムという病を発症するといわれた。タランティズムの患者は死なないためには、 タランテラという踊りを踊ればいいという伝承があり、この伝承に触発されて多くの音楽が作られた [1]南イタリアでは、 16世紀17世紀にタランティズムがしばしば報告された。

伝説のクモは、この地方に産する大型の コモリグモの1種 タランチュラコモリグモLycosa tarantula)であるとされた。タランチュラコモリグモは、雌が体長約27 mm、雄が体長約19 mmとコモリグモの中では大型であるが、実際には毒は恐ろしいものではない。同じ地域には人間にも危険な猛毒の ジュウサンボシゴケグモ Latrodectus tredecimguttatus)が生息しており、全長が約1cmのジュウサンボシゴケグモよりも、より大きなタランチュラコモリグモの方が目に付きやすいため、誤解が広まったようである。 ジャン・アンリ・ファーブルは近縁の ナルボンヌコモリグモ(L. narbonensis Walckenaer)の毒の強さを調べるために ひよこを噛ませたところ、死んでしまったと記録しているが、直接に毒で死んだと言うより、足が動かなくなり、餌が食べられなくなったのが原因だろうと言われている。かつてはコモリグモ科はこの伝説のためにドクグモ科と呼ばれていたが、クモの中でも特に毒性が強いわけではなく、母グモは子グモを腹部の上にのせて守る習性があるため、コモリグモ科と名前が変わった経過がある。

タランチュラの伝承を知るヨーロッパ人が 新大陸に渡ってから、恐ろしい姿の大きなクモを見るとタランチュラと呼んだ。当初は アシダカグモ類もその名で呼ばれることがあったようだが、次第に オオツチグモ科のクモなどをタランチュラと呼ぶようになった。

  • タランチュラと呼ばれるクモの分類
  • 脚注

タランチュラと呼ばれるクモの分類

クモ亜目

Atypidae ジグモ科
Dipluridae ホンジョウゴグモ科
Hexathelidae ジョウゴグモ科
Mecicobothriidae イボナガジョウゴグモ科
Theraphosidae オオツチグモ科
  • クモ下目
コモリグモ
コモリグモ属( Lycosa
タランチュラコモリグモ( L. tarantula
他の言語で
català: Taràntula
Deutsch: Tarantel
español: Tarántula
euskara: Tarantula
français: Tarentule
polski: Tarantula