タプススの戦い

タプススの戦い
北アフリカ要図
戦争ローマ内戦
年月日紀元前46年 4月6日
場所タプススウティカ
結果:カエサル派の勝利
交戦勢力
カエサル派 元老院派
ヌミディア王国
指導者・指揮官
ユリウス・カエサル メテッルス・スキピオ
ユバ1世
マルクス・カト
戦力
軍団兵30,000
騎兵4,000
軍団兵35,000
騎兵15,000
戦象120
損害
戦死1,000 戦死30,000 
ローマ内戦(BC49-BC45)

タプススの戦い(タプススのたたかい、 ラテン語: Thapsi Pugna)は、 紀元前46年 4月6日に北アフリカで行われた、 ガイウス・ユリウス・カエサル軍と 元老院派及び ヌミディア連合軍との戦いである。タプソスの戦いとも表記される。なお、ここではタプスス会戦の前哨戦や ウティカ包囲戦も合せて記載している。

概要

開戦までの経緯

ファルサルスの戦いで敗北し、 エジプトで元老院派の総大将であった グナエウス・ポンペイウスが殺害された後も、 クィントゥス・カエキリウス・メテッルス・ピウス・スキピオ・ナシカマルクス・ポルキウス・カト(小カト)を中心として、 プブリウス・アッティウス・ウァルス、 ルキウス・アフラニウス及びポンペイウス兄弟( グナエウス・ポンペイウス・ミノルセクストゥス・ポンペイウス)ら元老院派は ウティカを拠点とした アフリカ属州へ退き、同盟関係にあったヌミディア王 ユバ1世とも連携して、カエサル派へ抵抗する構えを見せていた。

東部属州での問題( ポントスファルナケス2世との ゼラの戦い、元老院派に組した ギリシャ諸都市の戦後処理等)およびローマでの諸問題( 下記エピソード参照)を解決して後、元老院派を討つべくカエサルは シチリアを経て、 紀元前47年 12月28日に北アフリカ・ タプススの南約70キロの地点に上陸し、紀元前46年1月までに全カエサル軍も北アフリカへ集結した。

兵力数・序盤戦

カエサル軍の進路

カエサル軍は5個 軍団30,000( 第9第10、第13、第14及びガリア兵からなる 第5の各軍団)及び騎兵4,000( ゲルマニア及び ガリア騎兵)であったのに対して、元老院派はローマ軍団歩兵35,000、同盟諸国騎兵9,000を集めた。またヌミディア王国軍(歩兵部隊25,000、騎兵6,000、 戦象120頭)を合わせてカエサル軍を上回る総勢60,000強の軍勢を擁し、自らの地盤でもあり 兵站もカエサル軍に対して優位であった。

カエサル軍は元老院派に組するタプスス攻略に際し、タプススの南側(北・東・西を海に面し天然の要害であった)に3本の防衛ラインを構えて包囲、封じ込めた。カエサル軍はルスピナ(Ruspina、現: モナスティル)で ティトゥス・ラビエヌス率いる騎兵部隊に敗北して損害を受けたが、カエサル軍は体制を立て直し、以降戦線は膠着状態となった。そのため、元老院派はカト及び守備部隊をウティカに残した上で、メテッルス・スキピオを軍総司令官として、タプスス失陥阻止及びラビエヌス部隊へ加勢の為、タプススへ向かった。

タプスス会戦

タプススの南西には潟が広がっており、タプススへ向かうには潟の北及び東にある細長い陸地を進む必要があった。北ルートにラビエヌス隊を併せたメテッルス・スキピオの本軍、東ルートにユバ1世が率いるヌミディア軍を配し、タプスス前に陣を張るカエサル軍を挟撃する体制をとったが、カエサル軍への内応を約していた マウレタニアがヌミディア本国を襲った為にユバ1世は軍の半分をマウレタニア軍へ迎撃に割かざるを得なかった。それに伴いヌミディア軍の到着が遅れた為、カエサル軍はメテッルス・スキピオ軍へ向かい進軍した。

メテッルス・スキピオは 戦象及び騎兵を左右の両翼、歩兵部隊を中央に配した一方、カエサルは騎兵を中央、歩兵部隊を両翼に配する陣を引き、左右両翼の元老院派戦象部隊へは、第5軍団を充てた。

紀元前46年4月6日、カエサル軍の進軍ラッパ(第10軍団兵士によるものとされる)によって戦いは開始され、第5軍団はカエサルの指示により突進する戦象の足を斧で狙い、足をなぎ払われた戦象はあえなく無力化した(なお、西洋での大規模な戦象の使用はこの戦いが最後となった)。元老院派歩兵部隊は第10軍団を始めとしたカエサル軍に抑えられ、ラビエヌス指揮下の騎兵部隊もカエサル軍騎兵部隊や歩兵部隊の包囲によって壊走、メテッルス・スキピオ以下の首脳陣は戦場から逃れた。

カエサル軍はメテッルス・スキピオ軍を撃破するや、潟の南に陣を置いていたヌミディア軍を攻撃したが、若干の交戦があったのみでユバ1世は見切りをつけてやはり戦場から脱した。

『カト自決』("La Mort de Caton d'Utique")、フランス人画家 ルイ・アンドレ・ガブリエル・ブーシェ(Louis-André-Gabriel Bouchet)による 1797年の作

ウティカ包囲戦

陣営立て直しの為にユバ1世は ザマへ逃れたがザマ住民が城門を閉じた為、カエサル軍の掃討戦により進退に窮したユバ1世は マルクス・ペトレイウスと刺し違えて自殺、ヌミディア王国は滅亡した。メテッルス・スキピオはヒッポレギウス(現: アンナバ)近郊で殺害、アフラニウスや ファウストゥス・コルネリウス・スッラは捕えられて処刑された [1]が、ポンペイウス兄弟やラビエヌスらは ヒスパニアへ逃れた。

カエサル軍はタプスス、ハドルメントゥム(現: スース)を落とした後、カトらが守るウティカを包囲。カトは奴隷を解放して兵力に当てると共にタプススの敗残兵も収容して徹底抗戦の構えを示したものの、ウティカ住民からの協力が得られず、カエサル軍の攻撃を支えきれなかった為、カトも自殺して果てた。カトは後に「ウティカのカト(カト・ウティケンシス)」と称されることとなる。 ]] 紀元前46年 4月13日、カエサルがウティカを占領したことで、北アフリカ戦線は終結した。なお、占領から2日後にカエサルはウティカを発ち、ローマでの 凱旋式を経て、ラビエヌスら元老院派が残る ヒスパニアへと向かうこととなった。

他の言語で
العربية: معركة تابسوس
български: Битка при Тапс
brezhoneg: Emgann Thapsus
čeština: Bitva u Thapsu
Ελληνικά: Μάχη της Θάψου
Bahasa Indonesia: Pertempuran Thapsus
한국어: 탑수스 전투
Nederlands: Slag bij Thapsus
português: Batalha de Tapso
srpskohrvatski / српскохрватски: Bitka kod Tapsa
српски / srpski: Битка код Тапса