ゾルゲ事件

ゾルゲ事件(ゾルゲじけん)は、リヒャルト・ゾルゲを頂点とするソ連スパイ組織が日本国内で諜報活動および謀略活動を行っていたとして、1941年9月から1942年4月にかけて[1]その構成員が逮捕された事件。この組織の中には、近衛内閣ブレーンとして日中戦争を推進した元朝日新聞記者の尾崎秀実もいた。

他の言語で