ソールラン

ソールラン
Sørlandet
—   地域  —
リソル市街
座標: 北緯58度36分 東経7度48分 / 北緯58度36分 東経7度48分 / 58.6; 7.8
  ノルウェー
アウスト・アグデル県の旗 アウスト・アグデル県
ヴェスト・アグデル県の旗 ヴェスト・アグデル県
中心都市 クリスチャンサン
アーレンダール
面積
 - 計 16,434km2 (6,345.2mi2)
人口 (2009年)
 - 計 277,250人
人口推移
人口 ±%
1951 172,753 —    
1960 185,302 +7.3%
1970 215,874 +16.5%
1980 225,429 +4.4%
1990 240,906 +6.9%
2000 257,869 +7.0%
2010 279,024 +8.2%
出典: ノルウェー統計局 [1][2].
ソールランの宗教 [1] [2]
宗教 割合
キリスト教
  
86.41%
イスラーム
  
1.08%
仏教
  
0.30%
その他
  
12.21%

ソールランノルウェー語: Sørlandet)は、 ノルウェー南部の スカゲラク海峡沿岸を指す地方区分。 ヴェスト・アグデル県アウスト・アグデル県の二県を含む。総面積1万6493平方キロ [3]

概念

国土のこの部分をひとつの地方とする考え方は、1902年に郷土史家のヴィルヘルム・クラーグによって提唱された。これ以前は、ヴェストラン(西部)の一部とみなされていた。ソールランは、古代のアグデル王国の版図に相当する。アグデル大学の名はこれに由来する。 ローガラン県テレマルク県の一部をソールランに加えることもある。

一般的・文化的には、 スカゲラク海峡に臨む沿岸部ととらえられているため、内陸部の山あいは含まれない。

中世、アグデル地方の東端は Rygjarbit(現在のリソル付近)であった [4]

他の言語で
العربية: جنوب النرويج
беларуская: Сёрлан
català: Sørlandet
dansk: Sørlandet
Deutsch: Sørlandet
español: Sørlandet
suomi: Sørlandet
français: Sørlandet
magyar: Sørlandet
Հայերեն: Սյորլան
italiano: Sørlandet
한국어: 쇠를란데트
Limburgs: Sørlandet
Nederlands: Sørlandet
norsk nynorsk: Sørlandet
norsk: Sørlandet
polski: Sørlandet
português: Sørlandet
română: Sørlandet
русский: Сёрланд
davvisámegiella: Sørlandet
slovenčina: Sørlandet
slovenščina: Sørlandet
shqip: Sørlandet
српски / srpski: Јужна Норвешка
svenska: Sørlandet
українська: Серланн
中文: 南挪威