ソマリアプレート

東アフリカ平断層とその東にあるソマリアプレート

ソマリアプレート英語:Somali Plate、Somalian Plate)とは、 アフリカプレートの内、 東アフリカ平断層から東側の部分を指す プレートである。このソマリアプレートに対して、東アフリカ平断層より西側の部分を ヌビアプレートと呼ぶ事もある。

ソマリアプレートは アファール盆地にある アファール三重点から連なる東アフリカ平断層の東に位置していて、南に動き続けている。プレートの北の境界は アデン湾にあり、 サウジアラビアの海岸線に沿って存在する アデン海嶺である。また東の境界は、北側が特に カールスバーグ海嶺とも言われる事のある、 中央インド洋海嶺である。南の境界は 南西インド洋海嶺である。火山活動は コモロ諸島マダガスカル火山に見られ、ここに ホットスポットがある事から、年45mm程度、プレートが動いているとされる。

  • 参考文献

参考文献

他の言語で
català: Placa somali
Deutsch: Somaliaplatte
English: Somali Plate
español: Placa Somalí
euskara: Somalia Plaka
Bahasa Indonesia: Lempeng Somalia
italiano: Placca somala
Nederlands: Somalische Plaat
norsk nynorsk: Den somaliske plata
português: Placa somali
українська: Сомалійська плита