ソフィスト

ソフィスト古希: Σοφιστήςソピステース: Sophist)は、ペルシア戦争(紀元前492年 - 紀元前449年)後からペロポネソス戦争(紀元前431年 - 紀元前404年)ごろまで、主にギリシアのアテナイを中心に活動した、金銭を受け取ってを教えるとされた弁論家・教育家。ギリシア原語に近い読みはソピステースである。「sophistēs」という語は「sophizō」という動詞から作られた名詞で、「智が働くようにしてくれる人」「教えてくれる人」といった意味がある。代表的なソフィストにはプロタゴラスヒッピアスゴルギアスプロディコス等がいる。

時代背景

ソロンの立法(紀元前594年)、クレイステネスの改革(紀元前507年)を経てアテナイには民主制が形成される。この世界史に初めて登場する民主制は、従来の有力・富裕氏族による独裁を防ぎ、選挙抽選によって国民(女性・未成年・奴隷を除く)のほとんど全てが政治に関わることを可能とした。

しかし、ペロポネソス戦争の頃から、冷静に政治的判断を行うべき評議会(政務審査会)はその機能を失う。評議会には説得力のある雄弁を用いて言論を支配するデマゴーグ(煽動的民衆指導者)が現れるようになり、戦争期の興奮の中、デマゴーグの誘導によって国策が決められるようになってしまった。

そのような社会状況の中で、政治的成功を望む人間は大衆に自己の主張を信じさせる能力を必要とした。そのためには、自信たっぷりに物事を語ることで人々を納得させ、支持を取り付けるものとしての話術の習得が必須であった。ここに、大金を出して雄弁の技術を身につけようとする者と、それを教えるとするソフィストの関係が成り立つこととなった。

他の言語で
Alemannisch: Sophisten
azərbaycanca: Sofistlər məktəbi
български: Софист
বাংলা: সফিস্ট
brezhoneg: Sofegour
bosanski: Sofisti
čeština: Sofisté
Deutsch: Sophisten
Ελληνικά: Σοφιστές
English: Sophist
español: Sofista
français: Sophiste
Gaeilge: Sofaist
galego: Sofista
हिन्दी: सोफ़िस्त
hrvatski: Sofisti
magyar: Szofizmus
Հայերեն: Սոփեստներ
ქართული: სოფისტები
қазақша: Софистер
한국어: 소피스트
Latina: Sophistae
lietuvių: Sofistai
norsk: Sofistene
polski: Sofiści
پښتو: سوفيست
русский: Софисты
srpskohrvatski / српскохрватски: Sofisti
slovenčina: Sofisti (filozofia)
shqip: Sofistët
српски / srpski: Софиста
svenska: Sofister
Türkçe: Sofistler
українська: Софісти