ゼウス神殿

ゼウス神殿
ギリシア語: Ναὸς τοῦ Ὀλυμπίου Διός
ラテン語: Templum Iovis Olympii
Attica 06-13 Athens 25 Olympian Zeus Temple.jpg
別名オリュンピア=ゼウス神殿
オリュンピエイオン
概要
建築様式コリント式神殿
自治体アテネ
ギリシャの旗 ギリシャ
座標北緯37度58分9.74秒 東経23度43分59.08秒 / 北緯37度58分9.74秒 東経23度43分59.08秒 / 37.9693722; 23.7330778
着工BC550頃
完成AD132
解体AD425
寸法
41m × 108m
他の寸法円柱 H=17m×φ=2m×104本
技術的詳細
構造方式石造建築構造(大理石)
コリント式の列柱(ゼウス神殿)

ゼウス神殿またはオリュンピア=ゼウス神殿ギリシア語: Ναὸς τοῦ Ὀλυμπίου Διόςラテン語: Templum Iovis Olympii)は、ギリシャアテネアクロポリスの東側にある神殿で、オリュンポス十二神の中の最高神であるゼウスに捧げられた神殿である。紀元前6世紀、僭主政のアテナイの時代に建設が始まったが、古代の世界で最大級であった神殿は完成させることがでなかった。神殿の完成は2世紀にローマ皇帝ハドリアヌスにより成し遂げられた。ローマ帝国期を通じて建てられた神殿の中で、この神殿は最大のものであった。

オリュンピア=ゼウス神殿またはオリュンピアのゼウス神殿の名前は、ハドリアヌスがつくらせた、金と象牙のゼウス像がオリュンピアのゼウス神殿にあったもののコピーであったことに由来する[1]。日本語でオリンピア=ゼウス神殿と表記されることもある。

他の言語で