センデロ・ルミノソ

センデロ・ルミノソ
Sendero Luminoso
ゲリラ戦争に参加
Flag of Sendero Luminoso.svg
党旗
活動期間1980年 -
活動目的現政権の転覆と農民主体のインディヘナ国家建設
氏族 / 部族先住民
指導者アビマエル・グスマン(ゴンサロ大統領)
活動地域ペルー
関連勢力麻薬組織
敵対勢力ペルー政府軍トゥパク・アマル革命運動

センデロ・ルミノソ(Sendero Luminoso、スペイン語で“輝ける道”の意)は、ペルー極左武装組織。毛派共産党

1920年代にラテンアメリカ全体でも独創的なマルクス主義思想家として活動したホセ・カルロス・マリアテギが、インディヘニスモに近い立場から独自の革命理論を説いた理論書『マリアテギの輝ける道』にちなんで命名された。正式名称「ペルー共産党」。一時、ペルーの国土の3分の1を制圧したこともあるが、その軍事活動や統治の冷酷さから「南米のポル・ポト派(クメール・ルージュ)」とも呼ばれるほど恐れられた[1]

他の言語で