セビリア万国博覧会

セビリア万国博覧会(セビリアばんこくはくらんかい 西: Exposición Universal de Sevilla 1992)は、 1992年スペイン南部、 アンダルシア州の州都 セビリア(Sevilla)で開催された 国際博覧会である。 1970年日本万国博覧会(大阪万博)以来の一般博であり、176日間の会期( 4月20日 - 10月12日)の間に総入場者数は約4181万人に及んだ。

セビリア万博会場風景

同地に葬られている クリストファー・コロンブス1492年に「新大陸」に到達してから500年に当たる記念行事として設定され、「発見の時代」がテーマであったが、ヨーロッパ中心の歴史観が一方的であるという批判も起こった。万博最終日はコロンブス艦隊が新大陸を発見した、すなわち バハマ諸島のサン・サルバドル島(グァナハニ島)に上陸した日付であった。

スペイン政府は万博に合わせたインフラ整備も行ったが、最大のものはスペイン国鉄(RENFE)による高速鉄道 AVEの建設である。首都 マドリードとの約500kmを約2時間半で結び、万博輸送やその後の産業発展に大きな役割を持った。

日本による出展

日本政府もこの万博には参加した。総合プロデューサーは作家の 堺屋太一が務め、木造のパビリオンは建築家の 安藤忠雄が設計した。館内では 安土城 天守閣の最上部(5-6階)の原寸復元がメイン展示として紹介され、6代目尾上丑之助(現在の 5代目尾上菊之助)による歌舞伎などの上演も行われた。万博終了後、安土城の原寸復元は 滋賀県 近江八幡市の「 安土城天主信長の館」へ移築され、現在でも公開されている。

また、万博開催構想を発表していた 愛知県がPR活動を行った。この時の活動の一部は 2005年開催の 2005年日本国際博覧会(愛知万博)へとつながっている。

セビリア万博の際には サンタ・マリア号らコロンブスの船団を成した3隻の船や、 フェルディナンド・マゼランの船団においてただ1隻、世界一周を果たして帰還した ビクトリア号の復元船が建造されていた。復元船ビクトリア号は愛知万博にあわせて世界一周に挑み、その途上、万博開催期間中の 名古屋港にも寄港している。