セバスティアン・ケール

セバスティアン・ケールFootball pictogram.svg
Sebastian Kehl IMG 1626.jpg
名前
本名セバスティアン・ヴァルター・ケール
Sebastian Walter Kehl[1]
愛称ケリー、バスティ
ラテン文字Sebastian KEHL
基本情報
国籍ドイツの旗 ドイツ
生年月日(1980-02-13) 1980年2月13日(38歳)
出身地フルダ
身長187cm
体重87kg
選手情報
ポジションDF (CB) / MF (CH)
利き足左足
ユース
1985-1994ドイツの旗 SVラーバッハ
1994-1996ドイツの旗 ボルシア・フルダドイツ語版
1996-1998ドイツの旗 ハノーファー
クラブ1
クラブ出場(得点)
1997-2000ドイツの旗 ハノーファー32(2)
2000-2002ドイツの旗 フライブルク40(4)
2002-2015ドイツの旗 ドルトムント266(20)
2004-2011ドイツの旗 ドルトムントII7(1)
代表歴
1997-1998 ドイツ U-1819(3)
1998 ドイツ U-191(0)
1999-2001 ドイツ U-2111(0)
2001-2006[2]ドイツの旗 ドイツ31(3)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

セバスティアン・ヴァルター・ケールSebastian Walter Kehl, 1980年2月13日 - )は、ドイツフルダ出身の元サッカー選手。現役時代のポジションはディフェンダーミッドフィールダー

経歴

クラブ

ルディ・フェラードイツ代表監督が「ダイヤモンドの原石」と評した選手。基本ポジションはボランチで、センターバックや代表では時にミヒャエル・バラックの代わりにトップ下に入ることもあった。

1980年ヘッセン州フルダに生まれ、16歳のときに当時2部に所属していたハノーファー96に加入。1998年8月10日のアルミニア・ビーレフェルト戦でトップチームでデビューした。在籍期間中に32試合に出場するとSCフライブルクの当時の指揮官であるフォルカー・フィンケがこの活躍に目を付け、フライブルクに移籍した。移籍初年度であり1部初挑戦にもなった2000-01シーズンは主にリベロのポジションで起用され 25試合に出場。チームは6位でシーズンを終えUEFAカップ出場権を獲得し、大きな驚きを与えた。

翌2001-02シーズンも好調なパフォーマンスを続けるとシーズン途中にボルシア・ドルトムントへ移籍。フライブルクは移籍前は13位に位置していたものの、彼の放出以後は3勝しか挙げることが出来ず2部に降格した。移籍後はほとんどの試合に出場し、UEFAカップ決勝こそフェイエノールトに敗れたものの、リーグにおいては自身初となるブンデスリーガ優勝を経験した。

なお、この移籍は彼のキャリアにとっては成功と言えるが、実は2001年夏にバイエルン・ミュンヘンとの契約が基本合意に至っていた背景もあり移籍そのものは物議を醸した。

2002-03シーズンはリーグ戦で24戦に出場し、チャンピオンズリーグの二次グループリーグ進出にも全試合に出場し貢献した。しかしチームは国内と欧州カップの両立に苦しみ、バイエルンに勝ち点差17をつけられ3位でシーズンを終えた。

翌年もチームの調子は上向かず6位でシーズンを終え、チャンピオンズリーグ出場権を逃した。

2004-05シーズン、現在に渡り務めている守備的ミッドフィールダーのポジションを獲得。ドルトムントは財政難に陥り中位に沈んだが、自身は2005-06シーズンにかけて60試合以上に先発し、自国開催となるFIFAワールドカップのメンバーに選出された。

そのように順調なキャリアを刻んでいたケールであったが、ワールドカップ明けの2006-07シーズン序盤のバイエルン戦でハサン・サリハミジッチと接触し左ひざを負傷。6試合の出場にとどまり、チームも9位に終わった。

この負傷の影響はその後も続き、翌年も14試合の出場に終わるなど調子を取り戻せずにいた。そんな中2008年に新たに監督に就任したユルゲン・クロップは、ケールをキャプテンに任命する。しかし久々にリーグを制覇した2010-11シーズンでは22歳の新鋭スヴェン・ベンダーとトルコ代表ヌリ・シャヒンの2人がセントラルミッドフィールダーのポジションで大きな活躍を見せ、ケールは6試合の出場(うち先発出場3試合)に終わる。

迎えた2011-12シーズン、シャヒンがレアル・マドリードに移籍したことで再びポジションが空き、ケールは27試合に出場し、チームの2連覇を支えた。

2014年3月23日2014-15シーズン終了後に現役を引退することを表明した[3]

代表

2001年スロバキア戦で代表デビューし、準優勝した2002 FIFAワールドカップや3位入賞した2006 FIFAワールドカップにも出場している。

他の言語で
العربية: سباستيان كيل
تۆرکجه: زباستین کل
беларуская: Себасцьян Кель
беларуская (тарашкевіца)‎: Сэбастыян Кель
bosanski: Sebastian Kehl
čeština: Sebastian Kehl
Esperanto: Sebastian Kehl
español: Sebastian Kehl
français: Sebastian Kehl
hrvatski: Sebastian Kehl
Bahasa Indonesia: Sebastian Kehl
italiano: Sebastian Kehl
lietuvių: Sebastian Kehl
Malagasy: Sebastian Kehl
Bahasa Melayu: Sebastian Kehl
Nederlands: Sebastian Kehl
português: Sebastian Kehl
română: Sebastian Kehl
Simple English: Sebastian Kehl
slovenščina: Sebastian Kehl
Türkçe: Sebastian Kehl
українська: Себастьян Кель
Tiếng Việt: Sebastian Kehl