セゴレーヌ・ロワイヤル

セゴレーヌ・ロワイヤル
Ségolène Royal
Ségolène Royal - Janvier 2012.jpg
2012年1月28日グルノーブルにおけるリベラシオンフォーラムにて
生年月日 (1953-09-22) 1953年9月22日(65歳)
出生地フランスの旗 フランス領西アフリカセネガルダカール、ウアカム
出身校ナンシー第2大学卒業
パリ政治学院卒業
国立行政学院卒業
前職行政裁判官
弁護士
所属政党社会党
配偶者フランソワ・オランド1978年 - 2007年
サインSegolene Royal signature..jpg
公式サイトDésirs d'avenir

内閣第1次マニュエル・ヴァルス内閣
第2次マニュエル・ヴァルス内閣
在任期間2014年4月2日 - 2017年5月10日
大統領フランソワ・オランド

当選回数2回
在任期間2004年4月2日 - 2014年4月25日

フランスの旗 雇用・連帯大臣付
家族・児童・障害者担当大臣
内閣リオネル・ジョスパン内閣
在任期間2000年3月27日 - 2002年5月6日
大統領ジャック・シラク

フランスの旗 国民教育・研究・科学技術大臣付
学校教育担当大臣
内閣リオネル・ジョスパン内閣
在任期間1997年6月4日 - 2000年3月27日
大統領ジャック・シラク

内閣ピエール・ベレゴヴォワ内閣
在任期間1992年4月2日 - 1993年3月29日
大統領フランソワ・ミッテラン

その他の職歴
フランスの旗 国民議会議員
2002年6月19日 - 2007年6月19日
フランスの旗 国民議会議員
1993年4月2日 - 1997年7月4日
フランスの旗 国民議会議員
1988年6月23日 - 1992年5月2日
テンプレートを表示

マリー・セゴレーヌ・ロワイヤル(Marie Ségolène Royal.ogg Ségolène Royal[ヘルプ/ファイル]、1953年9月22日 - )は、フランス政治家社会党所属。植民地勤務の軍人の娘として、フランス領西アフリカの首都ダカール(現在のセネガルの首都)に生まれる(ちなみに実兄はフランス対外治安総局の将校)。2007年シラク大統領の任期満了に伴うフランス大統領選挙2007年4月22日、投開票)に立候補。史上初の女性大統領を目指したが、ニコラ・サルコジに敗れた。さらに2008年11月22日フランス社会党党首選挙にも敗れる。また、社会党を脱党した他の候補者のため、2012年国民議会総選挙にも敗れた。

2014年4月2日マニュエル・ヴァルス内閣エコロジー・持続可能開発・エネルギー大臣として入閣した[1][2]。大臣として入閣後、ロワイヤルはポワトゥー=シャラント地域圏議会議長の職を辞した[3]

他の言語で
Afrikaans: Ségolène Royal
asturianu: Ségolène Royal
беларуская: Сегален Руаяль
български: Сеголен Роаял
brezhoneg: Ségolène Royal
Esperanto: Ségolène Royal
føroyskt: Ségolène Royal
français: Ségolène Royal
hornjoserbsce: Ségolène Royal
Bahasa Indonesia: Ségolène Royal
Basa Jawa: Ségolène Royal
Taqbaylit: Ségolène Royal
Lëtzebuergesch: Ségolène Royal
lietuvių: Ségolène Royal
Nederlands: Ségolène Royal
português: Ségolène Royal
sicilianu: Ségolène Royal
srpskohrvatski / српскохрватски: Ségolène Royal
Simple English: Ségolène Royal
slovenščina: Ségolène Royal
српски / srpski: Сеголен Роајал
ئۇيغۇرچە / Uyghurche: سېگولەن رويال
українська: Сеголен Руаяль
Tiếng Việt: Ségolène Royal
Bân-lâm-gú: Ségolène Royal
粵語: 羅雅爾