セグメント (自動車)

自動車におけるセグメント とは、主に欧州で マーケティング手法として 統計調査に使用される 乗用車分類概念であり、調査主体や調査目的により区分や名称が変わる。

解説

調査会社での使用例

調査会社としては、 欧州のグローバルインサイト社、マーケティングシステムズ社(現 R. L. Polk社)、で用いられている。
グローバルインサイト社は、車両 寸法全長価格イメージ装備など複数 要件を勘案した分類であり、マーケティングシステムズ社は単純に全長を基準とした分類である。

ボディサイズの大型化、高級化やダウンサイジングなど、メーカーのコンセプト変更により価格やイメージの変化もあり、現在ではマーティングシステムズ社による全長を基準とした分類が混乱しない最善の解釈となっている。 ライバル関係や価格、イメージを指すものではなく、全長によるグループ分類としてセグメント分類考えることが、混乱を生まない分類や解釈に繋がる。

広告や販売目的での使用

マーケティング手法として車両寸法や価格のなどが同程度の車種を同じ区分とすることから、車両の位置付けや、ライバル車との対比のため、メーカーが プレスリリースにも使用する。

国際比較の困難性と混乱

アメリカやイギリスでは、クラス(class)という概念で分類することが多いが、車を取り巻く 道路 環境インフラストラクチャー)や車 文化の違いによって、アメリカでのクラス、イギリスでのクラス、 欧州大陸でのセグメントに違いが生じる。また、欧州であっても国により分類やセグメントの名称が違うので注意が必要である。(他言語版参照)

日本では自動車評論家の独自解釈が混乱を招く

日本では一般ユーザーや自動車販売の営業現場でもセグメントという用語は一般的に全く使われない。 自動車雑誌やウェブ上で、車文化の違いや調査主体により変わる分類方法や区分名称を理解せず、更に混同して用いる 自動車評論家が居るため、しばし混乱が生じる。

ボディサイズの大型化やメーカーのコンセプト変更に伴い、グローバルインサイト社の分類に収まらない車が多数存在する。 現在では、マーケティングシステムズ社の分類による車体サイズ(全長)のみで分類を行う方法が有効である。 よって、ボディサイズの分類手法として、セグメント(ボディサイズ分類)で行い、ライバル関係や価格、ボディ形状、イメージを混同して考えないことが明快な手法である。

同一セグメント内にはセダン、クーペ、SUV、RVなど、多様なボディ形状が混在する。 ライバル関係やボディ形状を表すものでなく、ボディサイズ(全長)のみでグループ分類として考えるものであり、日本の自動車評論家が用いる混同は一切発生しない。

欧州委員会での著述

欧州委員会から 1999年3月17日に公開された、 現代自動車による 起亜自動車文書にセグメントについての言及があり、車両サイズ、全長、価格、イメージ、装備など複数要件を勘案した6分類、とボディースタイルによる独立区分として、セグメント-S( スポーツクーペ)、セグメント-M( マルチパーパスカー)、セグメント-J( SUV)の3分類、合計9分類となるセグメントが「以前に使用されていた最も狭義の分類」として例示されている。
なお欧州委員会としては、現代自動車と起亜自動車の合併手続きにあたって、分類や区分の定義は不要として明確にしていない。

他の言語で