セキショクヤケイ

セキショクヤケイ
Gallus gallus -Kaziranga National Park, Assam, India-8.jpg

左がオス、中・右がメス

保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
:動物界 Animalia
:脊索動物門 Chordata
亜門:脊椎動物亜門 Vertebrata
:鳥綱 Aves
:キジ目 Galliformes
:キジ科 Phasianidae
:ヤケイ属 Gallus
:セキショクヤケイ G. gallus
学名
Gallus gallus
(Linnaeus, 1758)
和名
セキショクヤケイ
英名
Red Junglefowl
タイ王国のメスのセキショクヤケイ
オスとメスのセキショクヤケイの絵
Gallus gallus

セキショクヤケイ(赤色野鶏、学名:Gallus gallus)は、キジ目キジ科に分類される鳥類の一種。

中国南部からフィリピンマレーシアタイなど東南アジア熱帯地域のジャングルに生息する野鶏である。羽は赤笹色で体重は成鳥で1kg弱程度である。なお、ニワトリはこれを家禽化したものと現在では考えられている[2]。近年では人間に飼われているニワトリとの交雑(遺伝子汚染)が進み、純粋な野生種は絶滅の危機があるともいわれている。なお、日本の地鶏などはこの赤色野鶏の特徴を残しているものが多い。

概要

セキショクヤケイはニワトリと同様、強い性的二形を示す鳥である。雄は体が大きく頭部には鶏冠と 肉垂れがあり、首から尻尾まで赤笹色(明るい金からブロンズ)の羽に覆われている。また尾が長く、色は光の加減によって黒から青色の間に見える。メスにはニワトリ同様鶏冠が小さく、また、セキショクヤケイの集団においては卵やひなの世話はメスだけがするために羽毛もカモフラージュ色をしている。脚はともに鉛色である。

鳴き声もニワトリに近い。繁殖期には、雄鶏は鳴くことにより、潜在的な繁殖相手をひきつけ、また近くにいる他の雄に対して、交尾争いの危険があることを気づかせるのに役立っている。また交尾争いのために、脚には長い蹴爪をもつ。

他の言語で
অসমীয়া: বনকুকুৰা
беларуская: Банкіўскі певень
беларуская (тарашкевіца)‎: Банкіўскі певень
brezhoneg: Kilhog bankiva
català: Gall bankiva
Cebuano: Manok
čeština: Kur bankivský
Deutsch: Bankivahuhn
Esperanto: Bankiva koko
español: Gallus gallus
français: Coq doré
arpetan: Jal dorâ
hrvatski: Divlja kokoš
magyar: Bankivatyúk
Bahasa Indonesia: Ayam-hutan merah
italiano: Gallus gallus
Basa Jawa: Pitik alas abang
한국어: 적색야계
Кыргызча: Жапайы тоок
Bahasa Melayu: Ayam Hutan Merah
မြန်မာဘာသာ: တောကြက်
Nāhuatl: Caxtiltototl
Napulitano: Gallus gallus
नेपाली: लुइँचे
Nederlands: Bankivahoen
polski: Kur bankiwa
português: Galo-banquiva
سنڌي: ڪُڪُڙ
srpskohrvatski / српскохрватски: Divlja kokoš
Simple English: Red junglefowl
lea faka-Tonga: Moa kaivao
Tiếng Việt: Gà rừng lông đỏ
Winaray: Gallus gallus
中文: 原雞