セイヨウナシ

セイヨウナシ
セイヨウナシ
分類
:植物界 Plantae
階級なし:被子植物 Angiosperms
階級なし:真正双子葉類 Eudicots
階級なし:コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし:バラ類 Rosids
:バラ目 Rosales
:バラ科 Rosaceae
:ナシ属 Pyrus
:セイヨウナシ P. communis
学名
Pyrus communis L.
和名
洋梨(西洋梨)
英名
Pear (European Pear)

セイヨウナシ西洋梨学名Pyrus communis)は、ヨーロッパ原産のバラ科ナシ属の植物およびその果実であり、洋なし(pear)ともいう。ヨーロッパ、北アメリカ、オーストラリアをはじめ世界中で広く食用に栽培されている。

概要

形状は、和なしがほぼ球形であるのに対して、洋なしはやや縦に長く、いびつで独特な形(びん型)をしている。品種によっては、和なしほどではないが比較的球形に近いもの、逆に、縦に長いものなどがある。果皮は赤や黄色、緑など様々だが、日本において栽培されている品種の多くは緑色で、追熟(後述)させると黄色になる。また、果皮には「さび」と呼ばれる、傷のような褐色の斑が多数ある。

熟した果実の味は酒のように芳醇(ほうじゅん)で甘く、食感はまろやかであり、和なし独特のしゃりしゃりとした食感はない。ただし、収穫直後は硬く、甘みは少ない。追熟させるために、一定期間置くと熟し、果皮は黄色になり、強い芳香を発するようになる。また、果肉も軟らかくなり、おいしく食べることができる。これは、追熟によって生じるエチレンの作用により果実に含まれるデンプンが分解されて果糖ブドウ糖などの糖となるとともに、ペクチンゲル化により、甘みと滑らかさが増加するため。なお、冷蔵庫などで10℃程度に冷却することにより、追熟を遅延することができる。

バートレットなどの早生種は8月下旬から9月初めに収穫され、9月中には食べ頃となるが、ラ・フランスなど多くの品種は10月から11月初めにかけて収穫され、食べ頃となるのは11月 - 12月である。

8種類のセイヨウナシ
他の言語で
العربية: كمثرى
azərbaycanca: Adi armud
تۆرکجه: عادی آرمود
беларуская: Груша звычайная
català: Perera
čeština: Hrušeň obecná
Cymraeg: Coeden ellyg
Deutsch: Kultur-Birne
dolnoserbski: Zagrodna kšušcyna
Ελληνικά: Αχλαδιά
español: Pyrus communis
suomi: Päärynä
Võro: Pirnipuu
français: Poirier commun
Nordfriisk: Peerbuum
Gaeilge: Piorra fiáin
galego: Pereira
hornjoserbsce: Zahrodna krušwina
magyar: Nemes körte
italiano: Pyrus communis
Адыгэбзэ: Кхъужьей
한국어: 서양배나무
Ripoarisch: Bir
лакку: Хъюрт
монгол: Европ лийр
Nāhuatl: Peracuahuitl
norsk nynorsk: Pære
norsk: Pære
occitan: Perièr
Piemontèis: Pyrus communis
پنجابی: ناشپاتی
armãneashti: Peru (pomu)
sardu: Pira
slovenčina: Hruška obyčajná
slovenščina: Hruška
svenska: Päron
ไทย: แพร์
українська: Груша звичайна
Tiếng Việt: Pyrus communis
West-Vlams: Peire
中文: 西洋梨
粵語: 啤梨