セイヨウカリン

セイヨウカリン
Medlar pomes and leaves.jpg
セイヨウカリン
分類
:植物界 Plantae
階級なし:被子植物 angiosperms
階級なし:真正双子葉類 eudicots
:バラ目 Rosales
:バラ科 Rosaceae
亜科:シモツケ亜科 Spiraeoideae[1]
:ナシ連 Pyreae[1]
亜連:ナシ亜連 Pyrinae[1]
:セイヨウカリン属 Mespilus
:セイヨウカリン M. germanica
学名
Mespilus germanica L.
和名
セイヨウカリン(西洋花梨)
英名
medlar
common medlar

セイヨウカリン(西洋花梨、Mespilus germanica)は、南西アジアまたは南東ヨーロッパ原産の落葉性低木で、果樹として利用される。英語名はメドラーmedlar または common medlar)。かつてはセイヨウカリン属の唯一の種だったが、1990年にアメリカ中部で第2の種 Mespilus canescensStern's medlar)が発見された。

果実の性質がカリンに似ている(下述)ためセイヨウカリンという名がついているが、カリンは単型のカリン属であり属が異なる。またマルメロのことをセイヨウカリンと呼ぶこともあるが、マルメロも単型のマルメロ属であり別属である。見かけはむしろビワによく似ているため、ビワを英語では"Japanese Medlar"とも呼ぶ。系統的に(M. canescens の次に)近いのはサンザシ属 (Cretaegus) である[1]

特徴

温暖で乾燥した土地によく育つ。春に白いが咲き、長い萼は果実が熟しても残る。果実は直径2-3cmの卵形の梨状果で、秋に赤褐色に熟す。秋の紅葉も美しい。

他の言語で
العربية: زعرور جرماني
azərbaycanca: Alman əzgili
català: Nespler
čeština: Mišpule obecná
Cymraeg: Merysbren
dansk: Mispel
Deutsch: Mispel
dolnoserbski: Pšawa wušpula
Esperanto: Mespilo
euskara: Mizpira
فارسی: ازگیل
suomi: Mispeli
français: Néflier
furlan: Gnespolâr
Gaeilge: Meispeal
گیلکی: کونوس
Gaelg: Meidil
hrvatski: Mušmula
hornjoserbsce: Prawa myšpla
Адыгэбзэ: Къущхьэмышхей
Lëtzebuergesch: Aaspel
Limburgs: Mispel (plantj)
Ligure: Nespoa
مازِرونی: کنس
Napulitano: Nèspele
Nederlands: Mispel
occitan: Nesplièr
Piemontèis: Mespilus germanica
português: Mespilus germanica
română: Hascul
srpskohrvatski / српскохрватски: Obična mušmula
slovenščina: Nešplja
shqip: Mushmolla
српски / srpski: Обична мушмула
svenska: Mispel
Türkçe: Muşmula
українська: Чишкун звичайний
Tiếng Việt: Mespilus germanica
吴语: 欧楂
中文: 歐楂
粵語: 歐楂