スーペルクパ・ロムニエイ

スーペルクパ・ロムニエイ
開始年1994年
主催ルーマニアサッカー連盟
地域ルーマニアの旗 ルーマニア
参加チーム数2
前回優勝アストラ・ジュルジュ(2016)
最多優勝ステアウア・ブカレスト (6回)
TV放送PRO TV
2016
テンプレートを表示

スーペルクパ・ロムニエイ (ルーマニア語: Supercupa României)は、ルーマニアサッカー大会のひとつである。

毎年リーガ1開幕前に開催される。前シーズンのリーガ1優勝クラブとクパ・ロムニエイ優勝クラブが一発勝負で争う。創設当初はスタディオヌル・ナツィオナルで行われていたが新スタジアム竣工後は各都市持ち回りで行われるようになった。2010年まではリーガ1とクパ・ロムニエイの双方を制した場合は開催しない規定であった。

ルール改正1年目の2010年は、CFRクルージュが前シーズンのリーガ1とクパ・ロムニエイの双方を制したために、リーガ1で2位となったウニレア・ウルジチェニが出場した。その時の会場は二冠達成の特典としてCFRの本拠地であるDr. コンスタンティン・ラドゥレスクで催された。[1]

1994年に創設された。最多優勝はステアウア・ブカレストの6回で、ラピド・ブカレストの4回、CFRクルージュの2回と続く。

協賛企業

2005年7月22日、ルーマニアサッカー連盟はサムソン電子と1年間のスポンサー契約を結んだ。それに伴い、2005年と2006年はスーペルクパ・ロムニエイ・サムソン (Supercupa României Samsung)と呼ばれた[2]

2006年10月9日、ビールメーカーSABミラー傘下のUrsusと3年間のスポンサー契約を結んだ。それに伴いスーペルクパ・ロムニエイ・ティミショアレアナ (Supercupa României Timişoreana) に改名された。[3][4]