スーパーサイズ・ミー

スーパーサイズ・ミー
Super Size Me
監督モーガン・スパーロック
製作モーガン・スパーロック
製作総指揮J・R・モーリー
ヘザー・M・ウィンターズ
出演者モーガン・スパーロック
撮影スコット・アンブロジー
公開アメリカ合衆国の旗 2004年5月7日
日本の旗 2004年12月25日
上映時間98分
製作国アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語英語
製作費$300,000
テンプレートを表示

スーパーサイズ・ミー』(英語: Super Size Me)は、2004年に公開されたアメリカドキュメンタリー映画。監督・出演はモーガン・スパーロック

概要

この作品の監督であるモーガン・スパーロック自身が、1日に3回・30日間、マクドナルドファストフードだけを食べ続けたらどうなるか?を記録したものである。この間、健康のための運動はやめ、彼の身におこる身体的・精神的な影響について記録している。さらに、スパーロックはファストフード業界の社会的な影響を調査し、この業界が利益のために栄養を犠牲にしていることを明らかにした。

スパーロックは当時33歳、身長188センチメートル、体重84キログラム、体脂肪率11%、体格指数23.7(正常値はアメリカでは19〜25である)と、健康体であった。30日後、体重は11キロ増え、体脂肪率は18%になり、体格指数も27(アメリカ基準では「標準以上」)、躁うつ、性欲減退、かなり深刻な肝臓の炎症を起こした[1]

スパーロックの実験の動機は、アメリカ合衆国保健福祉省長官も「蔓延している」と宣言する程、アメリカ社会の急速な肥満の増加にあり、これに呼応する形でマクドナルド社に対して起こされた訴訟にあった[2]。この訴訟自体は因果関係が認められないとして裁判所に却下され、マクドナルド側の勝利に終わるものの、スパーロックはタバコ会社に対するのと同様の非難が、ファストフード業界にも当てはまるのではないかと指摘した。

映画はアメリカで2004年5月7日に公開され、全米興業収益のトップ10に2週間載るなど、ドキュメンタリー映画としては大変な成功を収めた[3]。またアカデミー賞の優秀ドキュメンタリー映画部門にもノミネートされた。

パンフレットには「企業批判のメッセージのために作られたものではない」と書かれており、監督自身も「この食文化への警鐘。貧困家庭はファストフードに頼りがち。マクドナルドを選んだのは彼らが一番大きいから」としている。来日した際、ドキュメンタリー映画監督の森達也は、「アメリカンライフ(価値観)を他者に押し付けるアメリカを風刺している。アメリカの実存そのものへの批判、メタファーが隠されていると受け取った」と語ると、監督は肯定している[4]

他の言語で
Deutsch: Super Size Me
English: Super Size Me
español: Super Size Me
euskara: Super Size Me
føroyskt: Super Size Me
français: Super Size Me
hrvatski: Super veliki ja
Bahasa Indonesia: Super Size Me
italiano: Super Size Me
Nederlands: Super Size Me
português: Super Size Me
Simple English: Super Size Me
svenska: Super Size Me