スヴァールバル諸島

スヴァールバル諸島
Svalbard
スヴァールバル諸島の旗スヴァールバル諸島の紋章
(スヴァールバル諸島の旗)(スヴァールバル諸島の紋章)
国の標語 : 不明
国歌 : Ja, vi elsker dette landet
そう, 我らはこの地を愛す
スヴァールバル諸島の位置
公用語ノルウェー語ロシア語も)
主都ロングイェールビーン
政府ノルウェーの地域
総督Kjerstin Askholt
面積
 - 総面積
 - 水域

60,640 km²
人口
 - 総人口(2011年)
 - 人口密度

2,394人
0.04人/km2
通貨ノルウェー・クローネ (NOK)
時間帯CET(UTC+1) CEST(UTC+2)
ccTLD.no.sjが割り当てられているが未使用)
国際電話番号47

スヴァールバル諸島(スヴァールバルしょとう、Svalbard)は、北極圏にあるノルウェー領の群島北極海ヨーロッパ寄りに位置し、東はバレンツ海、西にあるグリーンランドとの間はフラム海峡、南西はグリーンランド海、南東はノルウェー海に囲まれている。唯一の有人島であるスピッツベルゲン島をはじめとするほぼ不毛の島々からなり、ノルウェー本土との間には属島のビュルネイ島がある。法的には完全なノルウェー領土の一部であるが、スヴァールバル条約との関連で法制度や行政機構は本土と異なる。人が定住する地としてはかなり北に位置し、最大の町はロングイェールビーンである。その他の主な定住地として炭鉱の町であったニーオーレスンロシア人が暮らす独立性が高いバレンツブルクがある。総面積は60,640km2、人口は2,394人(2011年時点)である。

極地科学研究の世界的な拠点となっており、オゾン層破壊や大気の研究など環境分野に関する研究も行われている。

歴史

Svaldbard map of 1758

スヴァールバル諸島は1596年にオランダ人探検家のウィレム・バレンツが発見し、Spitsbergen(「尖った山々」の意)と名付けられた。12世紀アイスランドヴァイキングたちはSvalbarði(「冷たい岸」の意)という地を文献『植民の書』(Landnámabók)に残しているが、これはヤンマイエン島あるいはグリーンランド東部の可能性も高い。また16世紀前半にポモールたちが入植していたともいわれるが、確たる証拠は17世紀後半になるまで存在しない。

捕鯨時代

1610年にイギリス人捕鯨家Jonas Pooleが遠征し鯨が豊富にいることを報告すると、1612年にはオランダバスク地方、1613年にフランス、1617年にはデンマークが捕鯨隊を送った。彼らは主に沿岸でホッキョククジラを捕らえ、スピッツベルゲン島西岸には鯨油をつくる基地が多く設けられた。しかし1630年代には近海で捕鯨をするようになり、鯨油の加工は母港に戻って行うようになったため、基地は1670年までに放棄された。スヴァールバル近海での捕鯨はオランダ人などが続けており、1663年にオランダの捕鯨船とフランスの軍艦が捕鯨権をめぐって海戦を行い、1707年にはオランダの捕鯨家Cornelis Gilesが初めて諸島を周回航海した。他にドイツベルギー、ノルウェー、スウェーデンなどが捕鯨遠征隊を送っている。

1872年の冬にノルウェー人狩猟者17名が死亡するスヴェンスクフーセットの悲劇が起きている。捕鯨家と同様、狩猟者、探検家、科学者たちはほとんど沿岸部にしか訪れなかったため、内陸部については1896年にMartin Conwayと科学者たちがスピッツベルゲン島を横断するまでほとんど不明のままだった。

ノルウェー領

ノルウェーがスウェーデンと連合国家(同君連合)であった1871年に、スヴァールバル諸島のノルウェー領化を図り、スウェーデンが積極的に国際活動を行っていた。スウェーデン本国は北極海には面しておらず、そのためスウェーデンがスヴァールバル諸島の領有権を主張するのは無理があった。こうした理由からノルウェーを介しての領有を目指したのであるが、当時のノルウェー政府は積極的ではなかった。これはスヴァールバル諸島を実効支配した場合、その出費が嵩むことに因る資産の圧迫や、改めて領有宣言をする事に因って他国も領有権を主張し出して揉め事を起こしかねないと懸念したことが理由であった[1]。こうした経緯のためか、スウェーデンは、1905年のノルウェー独立に際しては、スヴァールバル諸島のノルウェー領化に反対している。

19世紀末までは無人島だった。20世紀になると石炭採掘のためアメリカ、イギリス、スウェーデン、ロシア、ノルウェーなどの会社が進出し、定住者が生まれた。それに伴って採掘権争いや労働争議などが起きるようになり、法的統治の必要性が出てきた。1920年のスヴァールバル条約によって国際的にノルウェーの主権が承認されると同時に、前述のスウェーデンや日本を含むスヴァールバル条約締結国の国民の自由な経済活動を認めることとされた。ロシア革命で誕生したソビエト連邦も1924年に条約に参加し、スピッツベルゲン島に進出した。

第二次世界大戦

第二次世界大戦勃発時、スヴァールバルにはノルウェー人900名とロシア人2000名がおり、1941年夏まではどちらの炭鉱も通常どおり操業していた。しかしナチス・ドイツが1941年6月22日にソ連を攻撃(独ソ戦)したため、7月31日に連合国軍は全ての炭鉱に防衛隊を配置した。ソ連向けに援助物資を輸送する英国の護送船団は、スヴァールバル諸島とノルウェーの間を通過することになり、スヴァールバルは戦略上の重要拠点となったのである。連合国軍は当初スピッツベルゲン島を占拠する計画だったが、冬が近づいていたため測候所や炭鉱の施設を使用不能にして労働者たちを避難させるゴーントレット作戦が実行された。

翌1942年春に自由ノルウェー軍はロングイェールビーンの炭鉱を再開させる フリサム作戦ノルウェー語版を実行したが、バレンツブルク沖でドイツの爆撃機に沈められてしまう。この作戦の参加者の多くはかつての炭鉱労働者たちであり、指揮官は炭鉱の社長であった アイナル・スヴェルドルップノルウェー語版中佐だった。スヴェルドルップほか12名が爆撃により死亡、70名はバレンツブルクで越冬し翌1942年7月にようやく救助された。連合国軍は増援部隊を送り172名が駐留することになった。

ドイツ海軍は1943年9月 シチリア作戦ドイツ語版を実行。戦艦ティルピッツ、シャルンホルスト、駆逐艦9隻からの砲撃を行い、スピッツベルゲン島を9月6日から9日まで占拠したが、連合国軍が奪回している。これ以外にも、スヴァールバル諸島の沖では援ソ船団とそれを狙うドイツ海空軍で激戦が繰り返された(北極海の戦い)。

1944年9月、ドイツ海軍は北東島に気象観測隊を送り込み、秘密裏に測候所を設置して気象情報の収集を行った(ハウデーゲン作戦)。ドイツが降伏した1945年5月以降も測候所は活動を続け、9月4日にノルウェー当局が派遣したアザラシ漁船に対して投降した。ハウデーゲン観測隊の隊員11名は、第二次世界大戦で最後に降伏したドイツ兵とされる。

他の言語で
Acèh: Svalbard
Afrikaans: Svalbard
አማርኛ: ስቫልባር
aragonés: Svalbard
Ænglisc: Scearpbeorgas
العربية: سفالبارد
asturianu: Svalbard
azərbaycanca: Şpitsbergen
žemaitėška: Svalbards
беларуская: Шпіцберген
беларуская (тарашкевіца)‎: Шпіцбэрген
български: Шпицберген
বিষ্ণুপ্রিয়া মণিপুরী: স্ভালবার্ড
brezhoneg: Svalbard
bosanski: Svalbard
català: Svalbard
нохчийн: Шпицберген
čeština: Špicberky
Чӑвашла: Шпицберген
Cymraeg: Svalbard
dansk: Svalbard
Zazaki: Svalbard
dolnoserbski: Svalbard
English: Svalbard
Esperanto: Svalbardo
español: Svalbard
eesti: Svalbard
euskara: Svalbard
فارسی: سوالبار
føroyskt: Svalbarð
français: Svalbard
arpetan: Svalbârd
Nordfriisk: Svalbard
Gàidhlig: Svalbard
galego: Svalbard
Gaelg: Svalbard
עברית: סבאלברד
हिन्दी: स्वालबार्ड
hrvatski: Svalbard
hornjoserbsce: Svalbard
magyar: Spitzbergák
Հայերեն: Շպիցբերգեն
Bahasa Indonesia: Svalbard
Interlingue: Svalbard
Ilokano: Svalbard
íslenska: Svalbarði
italiano: Isole Svalbard
Basa Jawa: Svalbard
ქართული: შპიცბერგენი
қазақша: Шпицберген
kalaallisut: Svalbard
kernowek: Svalbard
Кыргызча: Шпицберген
Latina: Svalbardum
Lëtzebuergesch: Spitzbergen (Inselgrupp)
Limburgs: Sjpitsberge
lietuvių: Svalbardas
latviešu: Svalbāra
മലയാളം: സ്വാൽബാർഡ്
Bahasa Melayu: Svalbard
Plattdüütsch: Spitzbargen
Nedersaksies: Spitsbargen
norsk nynorsk: Svalbard
norsk: Svalbard
occitan: Svalbard
Papiamentu: Svalbard
Norfuk / Pitkern: Swaalbard
polski: Svalbard
پنجابی: سوالبارد
português: Svalbard
rumantsch: Svalbard
română: Svalbard
русский: Шпицберген
sicilianu: Svalbard
Scots: Svalbard
davvisámegiella: Svalbárda
srpskohrvatski / српскохрватски: Svalbard
Simple English: Svalbard
slovenčina: Svalbard
slovenščina: Spitsbergi
shqip: Svalbard
српски / srpski: Свалбард
Basa Sunda: Svalbard
svenska: Svalbard
Kiswahili: Svalbard
Tagalog: Svalbard
Türkçe: Svalbard
татарча/tatarça: Шпицберген
українська: Шпіцберген
oʻzbekcha/ўзбекча: Shpitsbergen
vèneto: Svalbard
Tiếng Việt: Svalbard
West-Vlams: Spitsbergn
Winaray: Esvalbard
хальмг: Свалбард
Yorùbá: Svalbard
Zeêuws: Spitsberhen
中文: 斯瓦尔巴
Bân-lâm-gú: Svalbard
粵語: 冷岸群島