スパルタクス団蜂起

1919年1月:蜂起中、ベルリン市内に設置されたバリケード
ベルリン市内で武装したスパルタクス団員(1919年)
バリケードを利用して行われた銃撃戦(1919年1月12日)

スパルタクス団蜂起(スパルタクスだんほうき、: Spartakusaufstand)または1月蜂起(Januaraufstand)は、1919年1月5日から1月12日ドイツで起きたロシア革命の再現を狙ったスパルタクス団と呼ばれる共産主義者によるワイマール共和国政府への暴力蜂起による挑戦のことをいう[1]

他の言語で