スバルナレーカー川

スバルナレーカー川

スバルナレーカー川オリヤー語:ସୁବର୍ଣରେଖା ନଦୀ、Subarnarekha River)は、インド東部のジャールカンド州西ベンガル州オリッサ州を流れる川。スヴァルナレーカー川(Svarnarekha River)とも呼ばれる。

概要

伝説では、ラーンチー近くのピスカという村で川の水源で金が発見され、「金の縞」を意味する「スルバルナレーカー」が名付けられた[1][2]。今でも人々はこの川で砂金を探している。

フンダル滝を流れるスバルナレーカー川

この川はジャールカンド州の州都ラーンチー近くピスカを水源とし、 ラーンチー県などの諸県を横切り、西ベンガル州の 西ミドナープル県を83キロにわたって横切る。最後にはバラソール県を79キロにわたって横切り、ベンガル湾に流れ着く。川の距離は総計395キロになる[3][4]

スバルナレーカー川はジャールカンド州のラーンチー県を経由するとき、インドで34番目の高さ(98m)を持つ フンダル滝を経由して流れている。