ストリートファイター (ゲーム)

ストリートファイター
ジャンル対戦型格闘ゲーム
対応機種アーケード
開発元カプコン
発売元カプコン
ディレクター西山隆志
デザイナー松本裕司(プランナー)
プログラマーこいけひろし
音楽坂口由洋
美術CRUSHER ICHI
DABADA ATSUSHI
BONSOIR YUKO
OGAN MIYUKI
BRAVO OYU
INNOCENT SAICHO
シリーズストリートファイターシリーズ
人数1 - 2人(対戦プレイ)
メディア業務用基板(4.17メガバイト
稼働時期
  • 日本 1987年8月30日 (1987-08-30)
  • アメリカ合衆国 1987年
  • ヨーロッパ 1987年
対象年齢CEROB(12才以上対象)
コンテンツ
アイコン
暴力
デバイス8方向レバー
圧力センサー対応ボタン2個(初期型)
6ボタン(後期型)
筐体アップライト筐体
テーブル筐体
CPUMC68000(@ 8 MHz)
サウンドZ80(@ 3.579545 MHz)x2
YM2151(@ 3.579545 MHz)
MSM5205(@ 384 kHz)x2
ディスプレイラスタースキャン
横モニター
384 x 224ピクセル
60.00Hz
パレット1024色
売上本数2ポイント
(1987年度大型筐体ゲームベストインカム5位)[1]
テンプレートを表示
『ストリートファイター』筐体

ストリートファイター』(: Street Fighter)は、カプコン1987年に開発・稼動した2D対戦型格闘ゲームであり、『ストリートファイター』シリーズの第1作である。

概要

本作のディレクター 西山隆志は、アイレム時代に横スクロール格闘アクション『スパルタンX』をデザインした人物であり、本作はその延長線上にある作品とも言える。

シリーズ第1作である本作品はさほど大きなヒットとはならなかったが、4年後に稼動したシリーズ第2作『ストリートファイターII』(以下『II』と表記)が大ヒットとなり、以後シリーズ化されている。作品によっては同社の『ファイナルファイト』のキャラクターも登場する。

2003年には「ストリートファイターシリーズ15周年」として、関連する様々な商品展開がなされた。これは1988年に発売された家庭用移植作品『ファイティング・ストリート』から数えたものであり、公式サイトにも「ファイティング・ストリートから数えて15周年である」という記述がされていた。2004年頃、本作およびシリーズ作品の版権をカプコンU.S.Aに売却する。

全世界でのシリーズ総販売本数は4000万本(2017年9月30日時点)[2]