スズカケノキ

スズカケノキ
Platanus orientalis
Platanus orientalisギリシャ、2006年9月16日)
保全状況評価
LOWER RISK - Least Concern
(IUCN Red List Ver.2.3 (1994))
Status iucn2.3 LC.svg
分類APG III
:植物界 Plantae
階級なし:被子植物 Angiosperms
階級なし:真正双子葉類 Eudicots
:ヤマモガシ目 Proteales
:スズカケノキ科 Platanaceae
:スズカケノキ属 Platanus
:スズカケノキ P. orientalis
学名
Platanus orientalis
L.[1]
和名
スズカケノキ(鈴掛の木、篠懸の木)、プラタナス
英名
oriental planetree、Oriental Plane

スズカケノキ(鈴掛の木、篠懸の木、学名: Platanus orientalis)は、スズカケノキ科スズカケノキ属落葉広葉樹果実楽器に似ていることからこの和名がついた。

の学名であるプラタナスと呼ばれることが多いが、日本で見かけるプラタナスは、本種よりもモミジバスズカケノキであることが多い(後述)。

特徴

樹高は約10〜30 mに達する。樹皮が、に剥げる特徴を持つ。

は大きく、カエデに似ていて、状に5~7裂し、裂片には鋸歯がある。葉柄の基部に小さい托葉がある。

花期はで、は 淡黄緑色で、雌花雄花を、別々の葉のつけ根の頭状花序につける。

果実は、晩秋、長い柄の先に痩果が多数集まった3.5cm[2]ほどの 球形果を、1本の果軸に3~4個連なって下垂する。

他の言語で
العربية: دلب مشرقي
azərbaycanca: Şərq çinarı
български: Източен чинар
brezhoneg: Platan-ar-Reter
kaszëbsczi: Wschòdnô platana
Cymraeg: Pilcoes
français: Platane d'Orient
hornjoserbsce: Narańša platana
한국어: 버즘나무
മലയാളം: ചിനാർ
Nederlands: Oosterse plataan
پنجابی: چنار
Simple English: Platanus orientalis
slovenščina: Vzhodna platana
Türkçe: Doğu çınarı
українська: Платан східний
اردو: چنار
中文: 法桐