スコット基地

スコット基地:Scott Base)は、ニュージーランド南極観測基地南極点からおよそ1300kmのロス島に所在する。基地名はロバート・スコットから命名された。

概要

深緑色をしたスコット基地
スコット基地

1953年にニュージーランド南極協会がニュージーランド政府に対し基地の建設を提言。1956年から基地建設が開始され1957年1月20日に公式開館した。基地設計はニュージーランド労務開発省のフランク・ポンダー建築士長。

当初は、イギリスが主導する英国連邦横断南極調査(TAE)を支援する目的で設立されたが、1956年から1959年国際地球観測年プロジェクト(IGY)にも参画。アメリカ合衆国マクマード基地と共同でヴィクトリアランド、ハレット岬の調査を行った。TAEとIGYプロジェクトは1958年に終了したが、ニュージーランド政府は科学研究調査を目的に基地の存続を決定。当初は短期観測基地として建設されたため、1976年に基地の建替えを行った。

2005年に2階建てのヒラリー・フィールドセンターが完成し基地面積が1,800平方メートルに大幅拡張した。センター名はニュージーランドの登山家エドモンド・ヒラリーから命名され、開館時にはヒラリーも基地を訪問している。

2007年に基地開館50周年記念式典を挙行。

現在は1996年7月1日に設立された王立行政庁「アンタークティカ ニュージーランド」に運営されている。

他の言語で
العربية: قاعدة سكوت
català: Base Scott
Cebuano: Scott Base
Deutsch: Scott Base
English: Scott Base
español: Base Scott
suomi: Scott Base
עברית: בסיס סקוט
italiano: Base Scott
latviešu: Skota
монгол: Скотт бааз
Nederlands: Basis Scott
norsk nynorsk: Scott-basen
norsk: Scott Base
polski: Scott Base
português: Base Scott
română: Scott
русский: Скотт-Бейс
srpskohrvatski / српскохрватски: Scottova baza
svenska: Scott Base