スカプラリオ

21世紀のシトー会修道士の修道服としてのスカプラリオを着用している姿

スカプラリオとはラテン語のscapulae()から名づけられたキリスト者の肩からぶら下げる衣装である。スカプラリオには2種類あり、修道士修道女が着用する修道用と、信仰者用がある。両方とも単に「スカプラリオ」と呼ばれる。 一般的な信仰オブジェクトとして、これを身につける者にキリスト者としての人生を送る自らの約束を思い起こすのに使用される。

修道用スカプリオは、当初、7世紀ぐらいにベネディクト会の修道者の間で着用された。それは着用する者の正面から肩にかけられ、後ろへ吊される布で、かなりの長さがあり、しばしば膝まで届く。形、色、サイズとスタイルで異なる形式もある。中世の修道士のスカプラリオは、擦り切れるまで使われるエプロンとして使われ始めた。スカプリオは後に、修道会等の修道服として広まっていった。現在、多くのキリスト教の修道会で、修道士と修道女が着用する修道服の一部となっている。[1][2]

[3][4]

信仰者用のスカプラリオは修道者用に比べると非常に小さな布でできている。これは、修道者用のスカプラリオが徐々に小さく変形したものである。このタイプのスカプラリオは修道会の会員ではない個人によっても着用される。英国国教会はこれらを秘跡とみなす。[5]

信仰者用のスカプラリオは、数センチほどの二つの小さな布地の中に木板か厚紙が入っているもので通常は長方形であり、キリスト教の聖句祈り、イメージ画的なものも付いている場合もある。その小さな長方形は2本の紐で結ばれ、片方は胸の上に置かれてもう片方は紐を肩にバンドの用にかけて背中に吊るす。[6][7]

多くの場合、両方のスカプラリオもそれを身に付ける人たちは、ある約束事もすることとなる。約束事のいくつかは伝統に基づくもので、他のものは形式的に指導者の認可のもとに身につける。例えば、ローマ・カトリック教会では他のいくつかのポピュラーな信仰的オブジェクトと同様に、数世紀以上も幾人かのローマ教皇はこのスカプラリオを身につける人に特別な免償(めんしょう)を承認した。 [8][9]

歴史

エジプトのアバ・アンソニーが修道者用のスカプラリオと外套を着用している姿

スカプラリオは、修道士たちによって使用されたエプロンの様な布から現在の形になったと考えられる。聖ベネディクト会の会則55条には7世紀にはこのスカプラリオの使用について言及がある。[10][11] [12] [13] キリスト教の西方教会では、修道者の修道着の主となる要素は、結局、チュニック(tunic)腰紐( シンクチャー英語版)スカプラリオ、頭巾(フード:hood)となった。修道女の服装にはチュニックとスカプラリオと頭巾(頭のベール:head veil)となった。[14]スカプラリオは修道士と修道女であるという事実の「象徴的なエプロン」であると言及する著者もいる。何かの肉体労働をする時、スカプラリオを保護用エプロンで覆うか、慎重にまくりあげるか、労働の邪魔にならぬように肩越しに長さを調整する傾向があった。[15]

他の言語で
asturianu: Escapulariu
català: Escapulari
čeština: Škapulíř
dansk: Skapular
Deutsch: Skapulier
English: Scapular
Esperanto: Skapulario
español: Escapulario
euskara: Eskapulario
hrvatski: Škapular
magyar: Skapuláré
Bahasa Indonesia: Skapulir
italiano: Scapolare
한국어: 스카풀라
Limburgs: Sjappeleer
മലയാളം: വെന്തിങ്ങ
Nederlands: Scapulier
polski: Szkaplerz
português: Escapulário
română: Scapular
русский: Скапулярий
slovenčina: Škapuliar
slovenščina: Škapulir
Kiswahili: Skapulari
українська: Скапулярій