スイスの地方行政区画

スイスの行政図

スイスの地方行政区画は、先ず26のカントンドイツ語: Kanton, フランス語: canton, イタリア語: cantone, ロマンシュ語: chantun)という州から成る。これは19世紀半ば迄、独自の通貨を持った主権国家であり、現在の連邦制度は1848年に確立された。

16世紀に、スイス連邦は13の自治州から構成され、これらはカントンと呼ばれた。また、6つの森林州と7つの都市州という異なる州が存在していた。厳密には神聖ローマ帝国の一部であったが、1499年にはマクシミリアン1世を打破し、その支配から独立した。

チューリヒベルンバーゼルを含む都市州では富裕層による市議会の寡頭支配がなされる一方、森林州は民主主義共和制であった。

各州には独自の憲法議会政府そして裁判所があり、多くの議会は一院制である。議会の議席数は州により58から200迄の幅があり、幾つかは総会 (Landsgemeinden) である。また、州政府は5人或は7人で構成されている。スイスの憲法によって連邦が担当すると規定されている事項以外のすべての事項はカントンが担当する。カントンは自治体の自治権力を定めるが、その幅はカントンによって大きく異なる。州の規模は面積で37km2から7,105km2、人口で14,900人から1,244,400人と様々である。

州の問題に対して、総会による直接民主制を採るのはアッペンツェル・インナーローデン準州とグラールス州のみであり、他の州は投票を用いている。

州の新設は、1978年ジュラ州が最後である。州の数は23と数えられる場合があり、この場合、ウンターヴァルデン (Unterwalden)、アッペンツェル (Appenzell)、バーゼル (Basel) にある準州は半分として数えられる。ウンターヴァルデンはオプヴァルデンニトヴァルデン、アッペンツェルはアッペンツェル・アウサーローデンアッペンツェル・インナーローデン、バーゼルはバーゼル=シュタットバーゼル=ラントの各準州である。この区画は歴史的理由で残されており、州議会での議席数と連邦首相の投票に影響を及ぼすのみとなっている。1999年の新憲法では26州各々が列挙されている。

他の言語で
Alemannisch: Kanton
aragonés: Cantons de Suiza
Boarisch: Kanton
brezhoneg: Kantonioù Suis
français: Canton (Suisse)
Bahasa Indonesia: Daftar kanton di Swiss
Interlingue: Cantones de Svissia
한국어: 스위스의 주
latviešu: Šveices kantoni
norsk nynorsk: Kantonar i Sveits
srpskohrvatski / српскохрватски: Kantoni Švicarske
Simple English: Cantons of Switzerland
slovenščina: Kantoni Švice
українська: Кантони Швейцарії
Tiếng Việt: Bang của Thụy Sĩ