ジーン・サラゼン

No image.svg ジーン・サラゼン Golf pictogram.svg
Gene Sarazen
Gene Sarazen.JPG
基本情報
名前ジーン・サラゼン
生年月日 (1902-02-27) 1902年2月27日
没年月日 (1999-05-13) 1999年5月13日(97歳没)
出身地アメリカニューヨーク州ハリソン
経歴
プロ勝利数48
優勝数
PGAツアー39
他ツアー9
メジャー選手権最高成績
(優勝: 7)
マスターズ優勝: 1935
全米オープン優勝: 1922, 1932
全英オープン優勝: 1932
PGA選手権優勝: 1922, 1923, 1933
殿堂表彰者
選出年1974年
2009年2月25日現在
テンプレートを表示

ジーン・サラゼンGene Sarazen1902年2月27日 - 1999年5月13日)はアメリカニューヨーク州ハリソン出身のプロゴルファーである。1920年代から1930年代にかけて活躍し、プロゴルファーとして史上初の「キャリア・グランドスラム」を達成した名選手である。またゴルフの技術革新にも大きく貢献し、特に英国リンクスコースのバンカーを攻略するために「サンドウェッジ」を発明したことで知られる。晩年には彼の名前を冠した「ジーン・サラゼン・ジュンクラシック」(株式会社JUN主催)で毎年日本を訪れていたことから、他のゴルフの歴史的選手に比べて日本でも馴染み深い人であった。イタリアからの移民の家庭に生まれたため、本名は「エウゲニオ・サラセニ」(Eugenio Saraceni)という。1935年4月8日の第2回マスターズ最終日15番ホール(パー5)での残り235ヤードの第2打を4番ウッドで打って大逆転優勝に繋がるアルバトロス(ダブルイーグル)をスコアしたスーパーショットが特に有名であり、コースレイアウトが変わった今日も15番ホールグリーンとフェアウェイをつなぐ橋にはサラゼンブリッジと呼ばれている。試合後、このミラクルセカンドショットに対して、サラゼンは「ショットそのものよりも、このショットを打つために費やした膨大な練習量を誇りに思う」とコメント。

他の言語で
Deutsch: Gene Sarazen
English: Gene Sarazen
español: Gene Sarazen
français: Gene Sarazen
italiano: Gene Sarazen
Nederlands: Gene Sarazen
português: Gene Sarazen
svenska: Gene Sarazen
Türkçe: Gene Sarazen