ジロンド派

監獄に収監されたジロンド派, 1845年

ジロンド派(ジロンドは、: Girondins)は、フランス革命フランス政治派閥の一つである。主な指導者は、ピエール・ヴェルニヨブリッソーコンドルセ、「ジロンド派の女王」の異名をもったマノン・ロランなど。

複数形でジロンダンともいう。

この名称はジロンド県出身者のブルジョワ階級が多数を占めたボルドー・ジャコバンクラブに所属する議員(ヴェルニョーら)を中核としたことに由来するが、革命当時に“ジロンド派”という名前は存在しなかった。歴史用語として定着したのは、1847年ラマルティーヌの『ジロンド党史』が出版されて以降のことで、後世の後付である。

明確な党派ではなく、中流ブルジョワ、プロテスタントなどで結びついた穏健共和派諸派閥の集合体。しばしば連邦主義者とも言われた。

他の言語で
Afrikaans: Girondiste
العربية: الجيرونديون
azərbaycanca: Jirondistlər
български: Жирондинци
català: Girondí
čeština: Girondisté
Cymraeg: Girondistes
Deutsch: Girondisten
Ελληνικά: Γιρονδίνοι
English: Girondins
Esperanto: Ĝirondano
español: Girondino
euskara: Girondar
فارسی: ژیروندن
hrvatski: Žirondinci
Bahasa Indonesia: Girondin
íslenska: Gírondistar
italiano: Girondini
lietuvių: Žirondistai
latviešu: Žirondisti
Nederlands: Girondijnen
norsk: Gironden
polski: Żyrondyści
português: Girondino
română: Girondini
русский: Жирондисты
Scots: Girondist
srpskohrvatski / српскохрватски: Žirondinci
slovenčina: Girondisti
српски / srpski: Жирондинци
svenska: Gironden
Tagalog: Girondista
Türkçe: Jironden
українська: Жирондисти
吴语: 吉伦特派
中文: 吉伦特派