ジョージ・サンタヤーナ

ジョージ・サンタヤーナ

ジョージ・サンタヤーナ(George Santayana、1863年12月16日 - 1952年9月26日)はスペイン出身のアメリカ哲学者詩人である。

本名はホルヘ・アグスティン・ニコラス・ルイス・デ・サンタヤーナ・イ・ボラス(Jorge Agustín Nicolás Ruiz de Santayana y Borrás)。

生涯

1863年にスペインマドリードで生まれ、1872年にアメリカに移住してボストン・ラテン・スクールハーバード大学で哲学者ウィリアム・ジェームズなどから教育を受けた。1907年からハーバード大学で哲学の教授に就任し、1912年からフランスやイタリアへ移っている。ヘーゲル観念論の立場から哲学、美学の研究者として著作や論文を発表している。晩年はイタリアで過ごし、1952年9月26日にローマで没。

他の言語で
Afrikaans: George Santayana
беларуская: Джордж Сантаяна
čeština: George Santayana
Esperanto: George Santayana
français: George Santayana
Gàidhlig: George Santayana
Bahasa Indonesia: George Santayana
Nederlands: George Santayana
português: George Santayana
Simple English: George Santayana
slovenčina: George Santayana
slovenščina: George Santayana
српски / srpski: Џорџ Сантајана
Kiswahili: George Santayana
українська: Джордж Сантаяна