ジョセフ・ワイゼンバウム

ジョセフ・ワイゼンバウム
Joseph Weizenbaum.jpg
2005年、ベルリンにて
生誕(1923-01-08) 1923年1月8日(95歳)
ドイツの旗 ドイツ国ベルリン
死没(2008-03-05) 2008年3月5日(85歳没)
ルートヴィッヒスフェルデ(ベルリン近郊)
市民権ドイツの旗 ドイツ
国籍ドイツの旗 ドイツ
研究分野計算機科学
研究機関MIT
出身校ウェイン州立大学
プロジェクト:人物伝

ジョセフ・ワイゼンバウムJoseph Weizenbaum, 1923年1月8日 - 2008年3月5日)は、ドイツ系アメリカ人MIT計算機科学の名誉教授を務めていた。

生涯

ドイツベルリン生まれ。 ユダヤ人の両親のもとに生まれた彼は、1936年にヒトラーの支配するドイツから逃れ、家族と共にアメリカ合衆国に移住した。米国で1941年に数学を勉強し始めたが、彼の勉学は戦争によって中断された(その間、彼は軍役に服していた)。その後、数学で修士号を取得。

1952年ごろ、彼はアナログコンピュータに関して仕事をしつつ、ウェイン州立大学のデジタル型コンピュータ開発に関わった。1956年、ゼネラル・エレクトリック社に就職し、銀行で使われた最初のコンピュータの開発に従事した。これは ERMA英語版 と呼ばれるシステムで、磁気インク文字認識 (MICR) を使って小切手処理を自動化したものである。その後、1964年にMITで職を得た。

1960年代にはSLIPというプログラミング言語を生み出している。

1966年、ELIZAと呼ばれる単純な自然言語処理プログラムを公表し、カウンセラーを装って人間と対話できることを示した[1]。DOCTORと呼ばれるスクリプトで駆動されており、カール・ロジャース来談者中心療法の会話手法をモデル化している。人間の返答を理解したような対話を実現するために、そのプログラムはパターン照合を適用している。このようなプログラムは現在「チャッターボット」(おしゃべりボット)と呼ばれ、日本においては人工無脳として知られ、独自の進化を遂げている。ELIZAは思考する機械の先駆けと見なされた[2]。ワイゼンバウムは、彼のプログラムが多くのユーザーに非常に重大な影響を及ぼし、彼らがそのプログラムに心を開く様子にショックを受けた。人工知能の意味について冷静に考えはじめ、後にその主要な批評家の1人になった[3]

彼の有名な1976年の本 Computer Power and Human Reason(邦訳については業績を参照)は、コンピュータ技術についての彼のアンビバレンス(相反する感情の両立)を示し、彼の考えを示している。すなわち、人工知能は可能と思われるが、コンピュータは常に同情や知恵などの人間性を欠くので、我々は決してコンピュータに重要な決定を任せるべきでない、というものである。彼は、その理由として(人工知能が)人類の感情的な環境で育てられなかったためであると考えている。

1996年ベルリンに移住し、生まれ故郷の近くに住むようになった[4][5]

2007年にはドイツでワイゼンバウムについてのドキュメンタリー映画が製作され、英語吹き替え版も作られた[2]。2010年のドキュメンタリー映画 Plug & Pray もワイゼンバウムを中心に人工知能の倫理的側面を描いている[6]

晩年、彼はベルリンで Institute of Electronic Business の科学評議会の会長を務めたが、2008年3月5日に85歳で死去した。MIT以外にハーバードやスタンフォードなどの大学でも教壇に立った経験がある。