ジュリア・マーガレット・カメロン

ジュリア・マーガレット・カメロン自画像

ジュリア・マーガレット・カメロンJulia Margaret Cameron1815年6月11日 - 1879年1月26日)は、イギリス写真家。当時の有名人の肖像写真、アーサー王その他の伝説的な主題の写真で有名。

カメロンの写真家としての経歴は、晩年の短期間(約12年間)であった。その作品は写真術の発展に大きな衝撃をもたらし、特にその短く刈り込まれた肖像写真はこんにちなお模倣されている。ワイト島のディンボラ・ロッジ(Dimbola Lodge)に在る彼女の家にはいまなお訪問することが可能である。

他の言語で