ジャーナル・オブ・ジ・アメリカン・メディカル・アソシエーション

JAMA: The Journal of the American Medical Association 
Journal of the American Medical Association first issue.jpg
1883年に出版された創刊号の表紙
略称 (ISO)JAMA
学術分野医学
言語英語
詳細
出版社米国医師会
出版国米国
出版歴1883年 - 
分類
ISSN0098-7484
外部リンク
プロジェクト:出版Portal:書物
テンプレートを表示

ジャーナル・オブ・ジ・アメリカン・メディカル・アソシエーション英語The Journal of the American Medical Association、略称:JAMA、「米国医師会雑誌」とも呼ばれる[1])は、米国医師会によって年に48回刊行される、国際的な査読制の医学雑誌である。同誌は世界で最も広範に読まれている医学雑誌である[2]。視覚的な特徴としては、ベージュ色を基調とした表紙に毎週なんらかの絵画作品を載せ、その作品と医学との関係を「The Cover」と言うコーナーで解説している。しかし、2002年のBMJ年末特集号が選んだグスタフ・クリムトの「医学」のような物議を醸す作品は選ばれない。

米国医師会 (en:American Medical Association)によって1883年に創刊され、それ以来途切れることなく発行され続けているJAMAは、独自研究による論文、論評記事、解説記事、論説記事、随筆、医事ニュース、投書欄、および補助的な記事(「発病率と死亡率の週報」(en:Morbidity and Mortality Weekly Report)のアブストラクト記事など)を刊行している。2008年には、JAMAのインパクトファクターは31.7であり、一流の一般医学雑誌のうちのひとつの座を占めることとなった。[3]JAMAの記事の受理率は、依頼した記事も依頼していない記事もまとめて年間6000本受け取るうちのおおよそ8%である。[2]初代編集長は、米国医師会の設立者のひとりでもあったネイサン・スミス・デイヴィス (en:Nathan Smith Davis)で、現在(2006年)の編集長はキャサリン・D.デアンジェリス (en:Catherine D. DeAngelis)である。JAMAの査読過程は、40か国以上からのおよそ3500人に依っている。