ジャーティ

ジャーティ: Jāti、「出自」・「生まれ」の意)とは、インド亜大陸の地域社会において実際のカースト制度の基礎となる共同体の単位であり、ヒンドゥーの日常生活において現実的に独自の機能を果たす排他的な職業地縁血縁的社会集団、階層を示す用語である[1]。インド社会において、現在でも内婚集団として機能しており、その範囲内における浄性を共有し、のやり取りや共食、婚姻を許容する集団であり、また、主として男系をたどる職業の継承体でもある[2]

他の言語で
Afrikaans: Jati
भोजपुरी: जाति
Deutsch: Kaste#Jati
English: Jāti
Esperanto: Ĝatio
español: Jati
français: Jati
עברית: ג'אטי
italiano: Jāti
Nederlands: Jati (sociologie)
polski: Dźati