ジャン・モネ

ジャン・オメール・マリ・ガブリエル・モネ(Jean Omer Marie Gabriel Monnet、 1888年 11月9日 コニャック - 1979年 3月16日バゾシュ・シュル・ギュイヨンヌ( fr))は、 フランス実業家政治家欧州統合の父の1人とも言われる。

フランスで政治家として活動する以前は、モネは経済界において影響力を持ち、また国際的にも活躍し、 ロンドンアメリカに滞在していた時期もあった。また欧州統合の推進者として最も知られる功績として、 西ヨーロッパの重工業分野での統合計画を実施したことが挙げられる。

経歴

委員長就任時の外遊で ボンを訪問するモネ(左)。右は西ドイツ首相 コンラート・アデナウアー

第一次世界大戦時、モネはロンドンで活動していた。1919年から1923年にかけて、モネは 国際連盟の事務次長を務め、その後は1938年まで コニャックで家業を営んでいた。1932年以降、モネは国際的にさまざまな分野で重要人物として提言し、世界各地で影響力を持つようになっていた。

第二次世界大戦のさいには、モネはフランスと イギリスの軍事物資の管理に関する共同委員会の特別委員長に就任し、終戦後はフランスの復興に関して要職に就き、 モネ・プランを立案した。その中で西ヨーロッパの鉱工業の共同化構想が持ち上がり、1950年5月9日、当時のフランス外相 ロベール・シューマンがこの構想を政府声明、いわゆる シューマン宣言として国内外に発表する。

モネはシューマン構想を協議する場の議長を務め、協議の結果、 欧州石炭鉄鋼共同体が設立されることになった。

1952年から1954年まで、モネは欧州石炭鉄鋼共同体の最高機関(のちの 欧州委員会)の初代委員長を務める。

このような経歴を重ねることで、モネはヨーロッパ経済の発展に大きな影響力を持つようになり、また政治手腕についても1975年に活動を引退するまで国際的に高い評価を受けていた。

他の言語で
العربية: جان موني
български: Жан Моне
brezhoneg: Jean Monnet
bosanski: Jean Monnet
català: Jean Monnet
čeština: Jean Monnet
Deutsch: Jean Monnet
Ελληνικά: Ζαν Μονέ
English: Jean Monnet
Esperanto: Jean Monnet
español: Jean Monnet
euskara: Jean Monnet
فارسی: ژان مونه
français: Jean Monnet
galego: Jean Monnet
עברית: ז'אן מונה
hrvatski: Jean Monnet
magyar: Jean Monnet
Հայերեն: Ժան Մոնե
Bahasa Indonesia: Jean Monnet
italiano: Jean Monnet
한국어: 장 모네
Lëtzebuergesch: Jean Monnet
кырык мары: Монне, Жан
Mirandés: Jean Monnet
Nederlands: Jean Monnet
polski: Jean Monnet
português: Jean Monnet
română: Jean Monnet
русский: Монне, Жан
srpskohrvatski / српскохрватски: Jean Monnet
svenska: Jean Monnet
українська: Жан Моне
Winaray: Jean Monnet
中文: 让·莫内