ジャレコ

(旧)株式会社ジャレコ
JALECO LTD.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 141-0031
東京都 品川区 西五反田1丁目21番8号KSS五反田ビル6階
設立 2006年 7月3日
業種 その他製品
事業内容 家庭用テレビゲームソフト、携帯アプリ用ゲーム、オンラインゲームの企画、開発、販売他
資本金 5000万円
主要株主 株式会社ゲームヤロウ
関係する人物 金沢義秋(創業者、元・代表取締役社長)
特記事項:※旧株式会社ジャレコ(現: EMCOMホールディングス)の持株会社化に伴う新旧分割という形での設立日。創業は旧ジャレコ設立の1974年10月3日。
テンプレートを表示

株式会社ジャレコ(JALECO LTD.)は、かつて存在した 日本のゲーム開発会社。

概要

旧:ジャレコ

1974年 10月3日株式会社ジャパンレジャーとして創業。創業者は 金沢義秋( 1945年 11月12日 - )。

1983年3月に株式会社ジャレコに改称。 1980年代ファミリーコンピュータの初期 サードパーティー6社(ハドソン、ナムコ、タイトー、コナミ、カプコン、ジャレコの6社。任天堂はこれら6社を優遇)の一角だった。かつては アーケードゲームの開発販売や アミューズメント施設「 ギャレッソ」「 you&you」の運営、一般家庭向けの ビアサーバー、 JAQNOブランドでの アクアリウム用品も製造販売も行っていた。これらはいずれも現在は撤退、業務移管済みである。

2000年に、香港のパシフィック・センチュリー・サイバーワークス( PCCW, 電訊盈科)の買収を受け、社名を「パシフィック・センチュリー・サイバーワークス・ジャパン株式会社」(PCCW Japan)に変更した。しかし、その後の 2004年 1月25日に、再び「株式会社ジャレコ」に社名を戻した。 2005年には、主要株主が香港のPCCWからSandringham Fund SPC Limitedに変更。

ジャレコ(2代目)

2006年 7月3日付けで、従来の株式会社ジャレコ(初代、旧ジャレコ)がゲーム事業について 会社分割簡易分割)を行い、「2代目」株式会社ジャレコを新設。旧ジャレコは 株式会社ジャレコ・ホールディングに社名変更して、 持株会社制へ移行。なお、ジャレコ・ホールディングは、引き続き JASDAQに上場(銘柄コード:7954)した。また、ジャレコ・ホールディングの経営陣は、社長である 羽田寛を筆頭に旧 ライブドア関係者が多数集結しており [1]、不動産業、金融業(証券、FX取引)といった投資関係の業務がメインで、ゲーム部門の売上げは10%ほどだった。

2009年1月15日、早期経営改善が見込めないことからジャレコの全株式が1円でジャレコ・ホールディングから提携先の ゲームヤロウに売却され、ゲームヤロウの完全子会社となった [2]。この際、ジャレコ・ホールディングは、ジャレコに対する貸付金16億9000万円のうち9億9000万円を放棄している。なお、ジャレコ・ホールディングはその後の2009年4月、 EMCOMホールディングスに社名変更している。

2013年には事実上の事業停止状態となる。公式ホームページも閉鎖。

2014年5月21日、親会社であるゲームヤロウが、 東京地方裁判所において 破産手続き開始。 負債総額は約22億4000万円と報道されている [3] [4]。これに伴いジャレコは事実上消滅。

現状

2013年夏ごろ、株式会社 シティコネクションがジャレコゲームの 知的財産権(ライセンス)を引き受ける [5]。その後、シティコネクション社が他社にライセンスを貸与する形で、ジャレコのゲームが家庭用ゲーム機・スマートフォンのアプリケーションなどに移植されるようになってきた。

他の言語で
العربية: جاليكو
Deutsch: Jaleco
English: Jaleco
español: Jaleco
français: Jaleco
italiano: Jaleco
한국어: 자레코
português: Jaleco Ltd
中文: Jaleco