ジャマイカ英語

ジャマイカ英語(ジャマイカえいご、Jamaican English)またはジャマイカ標準英語は英語方言であり、独自の方法でアメリカ英語イギリス英語方言の一部、またそれらが融合したものを含んでいる。ジャマイカ英語では通常はイギリス英語の綴りを使用するが、アメリカ式の綴りも使用される[1]。イギリス英語の綴りが使用される単語には"theatre"(劇場)、"centre"(中心)、"favour"(好意)、"honour"(名誉)などがある。

言語間の区別については明確な線引きがある訳でなく連続的であるとされるが[2]、ジャマイカ英語と、言語学でジャマイカ・クレオール語と呼ばれる言語や、あるいはラスタファリ運動が使用する語彙や言語の使用法と混同してはいけない[3]。「パトワ」は本来いくつかのクレオール語を含む地域のフランス語を表す用語だが、ジャマイカにおいては、ジャマイカ人が伝統的にそれを「片言」あるいは正しくない英語と認識していたジャマイカ・クレオール語を指す。現代の言語学者の大部分は、クレオール言語は完全な言語という意見である。

文法

ジャマイカ標準英語は文法的にはイギリス標準英語に近い。しかしながら最近では、経済的な結びつきや移住率の高さ、映画やケーブルテレビ、ポピュラー音楽などによるジャマイカとアメリカ合衆国との近さのために、アメリカ英語の影響は着実に増加している。結果として、"I don't have" や "you don't need"といった構文の方が、"I haven't got" や "you needn't"よりも一般的に好まれる。