シヴァ派

シヴァ像を取り囲む人々

シヴァ派(シャイヴァ, Śaiva)は、 ヒンドゥー教における有力な 宗派の1つ。

2世紀の クシャーナ朝時代には、既に大きな勢力となっていた [1]

シヴァ神を最高神として崇拝する。シヴァ神には、「 イーシュヴァラ」(自在天、主宰神/最高神)、「 マヘーシュヴァラ」(大自在天)等の伝統的な絶対者概念が異名として取り込まれており、シヴァ派によるその「一者」概念の普及・探求は、 ヨーガ学派不二一元論などの哲学的発達にも寄与した [2] [3]

サティーパールヴァティードゥルガー等のシヴァ神の妃も併せて崇拝され、また リンガと呼ばれる男性器(と女性器の交合)像をかたどった神体が用いられるのも特徴の1つ。

シヴァ派は 仏典でも、「自在天(イーシュヴァラ)・大自在天(マヘーシュヴァラ)を崇拝し、体中に灰を塗りたくる外道」「人間の髑髏を連ねて首飾りにする外道」等として言及されている [1]

支流

シヴァ派に括られる主な派としては、以下のようなものがある。

  • 聖典シヴァ派 - 7世紀頃に タミール地方で成立
  • カシミール・シヴァ派 - 9世紀頃に カシミール地方で成立
他の言語で
Afrikaans: Shaivisme
العربية: شيفية
беларуская: Шываізм
български: Шиваизъм
भोजपुरी: शैव मत
বাংলা: শৈবধর্ম
català: Xivaisme
čeština: Šivaismus
Deutsch: Shivaismus
English: Shaivism
Esperanto: Ŝivismo
español: Shivaísmo
eesti: Šivaism
euskara: Shivaismo
فارسی: شیواپرستی
suomi: Shaivismi
français: Shivaïsme
ગુજરાતી: શૈવ સંપ્રદાય
हिन्दी: शैव
magyar: Saivizmus
Bahasa Indonesia: Saiwa
italiano: Śivaismo
ಕನ್ನಡ: ಶೈವ ಪಂಥ
한국어: 시바파
lietuvių: Šaivizmas
മലയാളം: ശൈവമതം
मराठी: शैव पंथ
Bahasa Melayu: Saivisme
नेपाली: शैव
नेपाल भाषा: शैव
Nederlands: Shaivisme
norsk: Shaivisme
ਪੰਜਾਬੀ: ਸ਼ੈਵ ਮੱਤ
पालि: शैव
polski: Śiwaizm
português: Xivaísmo
română: Șivaism
русский: Шиваизм
संस्कृतम्: शैवसम्प्रदायः
Scots: Shaivism
සිංහල: ශෛව ආගම
Simple English: Shaivism
slovenčina: Šivaizmus
slovenščina: Šivaizem
svenska: Shaivism
தமிழ்: சைவ சமயம்
తెలుగు: శైవము
українська: Шайвізм
اردو: شیو مت
მარგალური: შივაიზმი
中文: 濕婆教